「看護人間学」を拓く ナイチンゲール看護論を再考して
「看護人間学」を拓く
□ 守屋治代 著
定価3,240円(本体価格3,000円+8%税)
A5判/200頁/ISBN:978-4-87804-097-9

いま,修復と再生の看護人間学を拓く


目次

序章
1.
本研究の意義と課題
2.
本研究の方法と構成
3.
ナイチンゲール看護論に関する先行研究
第1章
看護学の到達点と「看護人間学」の構想
1.
20世紀以降の看護学の動向
2.
看護学の源泉としてのナイチンゲール看護論
3.
「看護人間学」を構想する意義
第2章
「看護人間学」の基盤となる原理の探究
4.
[存在論的位相]人間存在の二重性と看護者の存在様相
5.
[認識論的位相]真の自然認識と看護者の認識方法
6.
[実践論的位相]実践主体の構造原理と看護者の実践意志
結章
1.
結論
2.
残された課題
付録
ナイチンゲールに関する伝記的研究および書誌学的研究
1.
伝記的研究
2.
書誌学的研究

  • 書籍の詳細な内容が載った小社刊行物の目録をご希望の方は営業部まで,お申し込みください。
  • 在庫のあるものは,ご注文いただいてから2~3日で発送します。その後お手もとに届くまでには,地域にもよりますが2~3日かかります。

書籍一覧項目へ