関連書籍
ケアのなかの癒し 原著第7版
「看護人間学」を拓く
看護師の直観的観察判断
触れる・癒やす・あいだをつなぐ手
爪のケア・手足のケア技術


看護の知 実践を読み解くための新しい知の考え方
看護の知
□ 川原由佳里 著
定価2,640円(本体価格2,400円+10%税)
A5判/192頁/ISBN:978-4-87804-071-9

日常の実践にひそむ看護のエッセンスを注視し,看護実践の新しい知の考え方を解説します!

 過去,現在,未来を行きかいながら学問とは何か,経験とは 科学とは を問う

 日常の実践にひそむ看護のエッセンスを注視し,苦悩に悩む人びとに寄り添う看護の本質,知に根ざした看護のありようへの示唆は読む人に勇気を与えることでしょう。


目次

第1章
看護学の基礎を考える
1.
看護学の基礎とは
2.
看護の現象
3.
現象へのアプローチ
4.
看護の知を表現する
5.
理論はこれからも必要か
第2章
ケアの現象とその表現
1.
ホーリズムと看護 ―生命論とのつながり
2.
システム理論と看護 ―ホメオスタティックな世界観
3.
システム理論と看護 ―ホメオダイナミックな世界観
4.
看護学の知の発展のプロセス再考
第3章
看護学の知
1.
経験的知
2.
個人的知
3.
審美的知
4.
倫理的知
第4章
看護の主要概念の探究
1.
ニーズの概念
2.
反復,持続する構造
3.
身体と自己
4.
自己と他者
5.
ケアが生成される現場
6.
自立,セルフケア

  • 書籍の詳細な内容が載った小社刊行物の目録をご希望の方は営業部まで,お申し込みください。
  • 在庫のあるものは,ご注文いただいてから2~3日で発送します。その後お手もとに届くまでには,地域にもよりますが2~3日かかります。

書籍一覧項目へ