ヘンダーソンからの贈り物 響き合い拡がる看護をめざして
ヘンダーソンからの贈り物
□ 川嶋みどり 著
定価1,620円(本体価格1,500円+8%税)
A5判/104頁/ISBN:978-4-87804-110-5

看護とは何か,看護師とは何をする人か

ヘンダーソンを軸足にその隘路を切り開く

 小玉香津子氏,中西睦子氏との対談を収載!


目次

第Ⅰ部
『看護の基本となるもの』その文脈を読み解く
1.
「ヘンダーソン」が紹介された当時のこと
2.
看護への熱い思いと「理論」の生まれた背景
3.
「基本的看護ケア」の前提となる考え方 ―「だれがそれを分担するのが最も適しているか」という視点
4.
今こそ“看護独自の機能”の位置づけが必要なとき
[対談]
その「看護論」のわが国にとっての意味
第Ⅱ部
看護を愛し続けた先達
1.
日本の看護界に与えた影響
2.
実践家としての思考
3.
先見性をもち備えたヘンダーソン
[対談]
ヘンダーソンの看護を語る
第Ⅲ部
[対談]ヘンダーソンからの贈り物

付録
ヴァージニア・ヘンダーソン略歴

  • 書籍の詳細な内容が載った小社刊行物の目録をご希望の方は営業部まで,お申し込みください。
  • 在庫のあるものは,ご注文いただいてから2~3日で発送します。その後お手もとに届くまでには,地域にもよりますが2~3日かかります。

書籍一覧項目へ