私 看護婦になってよかった 癌におかされた看護婦の生と氏、そして家族、友人とのふれあいの記録
私 看護婦になってよかった
□ 八矢昭司 著
定価1,836円(本体価格1,700円+8%税)
四六判/238頁/ISBN:978-4-905628-85-9

看護婦である妻の癌との闘いのなかで著者は、子どもたちは、友人たちは…。

 「最後まで笑顔で…有意義に生きていたい」看護婦である妻の言葉に著者は,そして子どもたちは,友人たちは…。
 癌との闘いのなかで心のネットワークが形づくられていく。癌医療のありかたをも問いかける…!

目次

看護婦への道
在宅・訪問看護への想いと友人たち
夢と希望・そして暗雲の始まり
闘病日誌の始まり
喜びと悲しみの年明ける
余命・宣告
生きる・夢の決意
東京の旅
在宅療養への準備
家族・友人に囲まれて過ごす日々
逝く日 三枝子よ安らかに

  • 書籍の詳細な内容が載った小社刊行物の目録をご希望の方は営業部まで,お申し込みください。
  • 在庫のあるものは,ご注文いただいてから2~3日で発送します。その後お手もとに届くまでには,地域にもよりますが2~3日かかります。

書籍一覧項目へ