ケアカンファレンス実践ハンドブック 体力ある地域チームづくり
ケアカンファレンス実践ハンドブック
□ 伊藤淑子 著
定価1,080円(本体価格1,000円+8%税)
A5判/104頁/ISBN:978-4-905628-87-3

「がん」を正面から見つめ、受け入れた看護婦がいる。

 「最後まで笑顔で…有意義に生きていたい」看護婦である妻の言葉に著者は,そして子どもたちは,友人たちは…。
 癌との闘いのなかで心のネットワークが形づくられていく。癌医療のありかたをも問いかける…!

目次

第1章
なぜ,いまケアカンファレンスか
1.
ケアカンファレンスの発展
2.
何のためのケアカンファレンスか
第2章
体力のあるチームをつくる
1.
開始前の準備
2.
集団としてのカンファレンスチーム ―集団の力量
第3章
生活者としての利用者の理解 ―総合的アセスメント
1.
総合的アセスメントとは何か
2.
総合的アセスメントの条件
第4章
事例検討の過程
1.
事例の提出
2.
情報の交換と共有
3.
判断の交換と共有
4.
援助計画(ケアプラン)の立案
5.
ケアプランをたて終えたら
6.
計画の実施,経過観察,再アセスメント
7.
終結と事後評価
第5章
在宅高齢者への援助に伴う諸課題
1.
サービスの拒否
2.
自宅での健康管理
3.
対人関係の偏り
4.
援助者と家族

  • 書籍の詳細な内容が載った小社刊行物の目録をご希望の方は営業部まで,お申し込みください。
  • 在庫のあるものは,ご注文いただいてから2~3日で発送します。その後お手もとに届くまでには,地域にもよりますが2~3日かかります。

書籍一覧項目へ