1999年 看護実践の科学 特集内容紹介

3月号

連続特集 看護を高めるリーダーシップ (1月号〜4月号)

 看護婦には必須とされているリーダーシップ。チームで動くこともあり,看護現場では婦長,主任にかぎらずリーダーシップが要求される場面が多々ある。そのため院内・院外を問わず,リーダーシップ研修も盛んだ。
 しかし,看護におけるリーダーシップを具体化し実行するには,人の生命をあずかる医療現場という特殊性を考慮に入れるなど,むずかしい面も多くあるだろう。そこで本誌は,1月号から4月号まで連続して看護のリーダーシップをさまざまな角度からとらえ,リーダーシップのありかたを浮き彫りにしたいと考えた。

連続特集 看護を高めるリーダーシップ
B
特集 
リーダーシップで育つ看護チーム

3月号表紙  チームづくりのなかで発揮されるリーダーシップとは…。臨床現場におけるリーダーシップの充実によって実現される生き生きとした看護チーム。そしてそのチームにより可能となるよりよい看護ケア。看護チームにおけるリーダーシップを,どう発揮するか。発揮するためには何が必要かを,具体的に展開する。

・看護婦のリーダーシップを育てる
 評価がチームを変える
 上沢恵美子・他(長野赤十字病院)

・看護婦の主体性を重視したチーム活動
 チームリーダーの役割
 田中 明美・他(益田赤十字病院)

・看護チームを支える主任のリーダーシップ
 看護理念の共有化をはかる研修を通して
 新井 藤江(帝京大学医学部附属市原病院)

・チームリーダーを活かす病棟づくり
 婦長・主任のリーダーシップ
 徳留 直子・他(宮崎県立宮崎病院)

・目標達成を可能にする看護チームの運営
 婦長の教育的かかわり
 橋本加代子(藤沢市民病院)

・中堅スタッフの気づきを育てる婦長のリーダーシップ
 看護体験発表からチームづくりへ
 高橋 三枝・他(社会保険群馬中央総合病院)

1月号 連続特集@ 
リーダーシップとは何か

 リーダーシップとは何か,それが発揮される場面は。

2月号 連続特集A 
リーダーシップ研修

 いかに行なわれるべきか。その効果的な方法を紹介。

4月号 連続特集C 
リーダーシップが発揮される業務改善

 業務改善にはリーダーシップが不可欠。実際例を紹介。


バックナンバー項目ページへ