臨床現場へのこだわり,オリジナリティのある
すぐれた看護実践の紹介,
そして,経験と科学の融合する研究発掘。
看護の未来へのビジョンを描きます!

「看護実践の科学」2020年の最新号!

2020年2月号

B5判 104頁
通常号定価1,650円(本体1,500円+税10%)・送料200円
年間予約購読定価19,800円(税込み)
送料サービス

■■2020年2月号■■

[特集]
アドバンス・ケア・プランニングを支える看護の役割

自ら望む人生の最終段階における医療・ケアについて,あらかじめ医療・ケアチーム等と繰り返し話し合い,共有する取り組みを「アドバンス・ケア・プランニング(ACP)」と呼びます(厚生労働省)。今後さらなる多死社会を迎えるわが国において,死の看取りのプロセスのなか,看護職に期待される役割はますます大きくなってくることが予想されています。

今号では,そうした背景を踏まえ,事例をとおして,ACPをささえるために,看護師が果たす役割の実際を紹介します。

*このページの下段にバックナンバーへのリンクがあります。


2020年
通常号定価1,650円(本体1,500円+税10%)・送料200円


2006年12月号まで
通常号定価1,100円(本体1,000円+税10%)・送料200円
増刊号定価1,650円(本体1,500円+税10%)・送料200円