臨床現場へのこだわり,オリジナリティのある
すぐれた看護実践の紹介,
そして,経験と科学の融合する研究発掘。
看護の未来へのビジョンを描きます!

「看護実践の科学」2019年の最新号!

2019年12月号

B5判 104頁
通常号定価1,650円(本体1,500円+税10%)・送料200円
年間予約購読定価19,800円(税込み)
送料サービス

■■2019年12月号■■

[特集]
多職種協働カンファレンスにおける看護の役割

在院日数が短縮し,初期治療のみで医療・看護が完結せず,継続提供が必要とされるなか、多様な専門職が参加して行なわれる多職種協働カンファレンスにおいて,患者・家族が抱える医療的問題や治療経過を共有し,解決・改善していくために必要な支援を計画することはとても重要になっています。またカンファレンスのなかで,多様なな職種と協働する看護師の専門的視点が問われる場面も増えています。

今回の特集では,事例をもとに,多職種協働カンファレンスの実際を紹介します。

*このページの下段にバックナンバーへのリンクがあります。



2006年12月号まで
通常号定価1,100円(本体1,000円+税10%)・送料200円
増刊号定価1,650円(本体1,500円+税10%)・送料200円