臨床現場へのこだわり,オリジナリティのある
すぐれた看護実践の紹介,
そして,経験と科学の融合する研究発掘。
看護の未来へのビジョンを描きます!

「看護実践の科学」2020年の最新号!

2020年10月号

B5判 104頁
通常号定価1,650円(本体1,500円+税10%)・送料200円
年間予約購読定価19,800円(税込み)
送料サービス

■■2020年10月号■■

[特集]
地域包括ケア病棟と継続看護

地域包括ケア病棟は,患者の在宅復帰支援などを目的に平成26年度診療報酬改定で新設されました。地域包括ケアシステムを支えるために,大きな役割をもつものです。

看護においては,療養の急性期と回復期・在宅をつなぎ,また,患者みずからが生活をととのえるための教育の役割を果たす実践が積み重ねられてきましたが,地域包括ケア病棟を通して,こうした継続看護の重要性があらためて示されているのではないかと考えます。

地域,多職種との連携のカギとなる情報の共有の工夫,また実際に患者・家族の看護実践,今後どのような方向をめざしていくべきか,など,本特集をとおして考えてまいります。

*このページの下段にバックナンバーへのリンクがあります。



2006年12月号まで
通常号定価1,100円(本体1,000円+税10%)・送料200円
増刊号定価1,650円(本体1,500円+税10%)・送料200円