mag-title
品切れ
看護実践の科学 2006年8月号 / Vol.31 No.9
B5判 定価1,080円(本体価格1,000円+8%税)

特集

事例中心!
ナラティブによる認知症看護
この特集では,認知症看護の実際を「ナラティブ」に記述していただきました。
認知症の方の看護では,「1+1=2」というような単純な方程式はなかなか通用しない世界=領域なのではないか,臨床の「生きた経験としての看護」を伝える最適な方法なのではないか,と考えたからです。
2006年8月号

[特集]
事例中心!
ナラティブによる認知症看護
認知症看護はどこまで進んでいるのでしょうか/堀内 園子
方程式のないアプローチ ―高齢者専門病院における認知症看護/白取 絹恵
カンファレンスで方向を統一 ―デイケアにおける認知症看護/森泉 保子
早い段階での対応が大切 ―グループホームにおける認知症看護/堀内 静子
「あかり」への配慮がきっかけに好転 ― 一般病棟における認知症看護/畠山 章子
トラブル注視から利用者のQOL注視へ ―老人保健施設における認知症看護/高林 千恵
[特集関連論考]
夫が認知症になった/山口 貴美子

[主要連載紹介]
カウンセリング/吉田 哲
決断,「決める」と「決まる」と ②
看護時評/川島 みどり
がん診療の総合化と外科看護の再考
看護師のためのキャリア論/勝原 裕美子
看護師の壁 ④モラル・ディレンマへの対峙
プリセプターシップ ―その導入と定着に向けて/小坂 智恵子
新任看護師の離職
「認定看護師」が教えるステップアップ方式による最新看護技術/前嶋 美峰
新生児集中ケア
謎解き看護大事典/高橋 美賀子
与薬 ―錠剤を舌下投与や経直腸投与できるって本当?
編集/高橋美賀子・田村富美子・長谷川久巳
看護現場を変える 固定チームナーシング/松井 とも子
固定チームナーシングにおける小集団活動の実際 ―その1
患者のQOLを大切にした治療技術入門 ―現代医学の進化を知る/佐藤 純一
認知症の治療その1
医療・看護事故の真実 ―同じ過ちを繰り返さないために/隈本 邦彦
横浜市立大学医学部附属病院 患者取り違え事故

バックナンバー項目ページへ