mag-title
品切れ
看護実践の科学 2006年9月号 / Vol.31 No.10
B5判 定価1,080円(本体価格1,000円+8%税)

特集

医療安全からみた看護基準
それぞれの病院には「看護基準」があると思います。しかし,これまでの看護基準は,今日の入院期間短縮の流れがもたらしている医療現場の過密労働の危険性を反映したものでしょうか。「何が起こってもおかしくない状態」とまで言う看護部長もおられます。
特集ではそのような危険な看護現場を踏まえた医療安全に留意した看護基準の作成について考察します。
2006年9月号

[特集]
医療安全からみた看護基準
医療安全管理室と協働で取り組んだ看護基準の見直し/木村 弘江
医療安全管理室がチェックする看護基準 ―看護現場の安全確保に向けて/林 美津子・他
感染管理の立場から見た医療現場の安全確保に向けて/湯原 里美
医療安全の視点から看護手順を見直す/西崎 節子・他
安全で良質な看護を提供するために/東郷 美香子

[主要連載紹介]
カウンセリング/吉田 哲
心の整理,「割り切る」と「断ち切る」と①
看護時評/川島 みどり
今こそ大切な外来看護
看護師のためのキャリア論/勝原 裕美子
看護師の再選択 ①コミットメント
プリセプターシップ ―その導入と定着に向けて/小坂 智恵子
新人看護師とプリセプター
「認定看護師」が教えるステップアップ方式による最新看護技術/渡辺 陽子
ホスピスケア
謎解き看護大事典/只浦 寛子・他
ボディメカニクスからキネステティクへ
編集/高橋 美賀子・田村 富美子・長谷川 久巳
看護現場を変える 固定チームナーシング/松井 とも子
固定チームナーシングにおける小集団活動の実際 その2
患者のQOLを大切にした治療技術入門 ―現代医学の進化を知る/佐藤 純一
認知症の治療その2
医療・看護事故の真実 ―同じ過ちを繰り返さないために/隈本 邦彦
京都・宇治川病院塩化カリウム誤注射事故

バックナンバー項目ページへ