mag-title
品切れ
看護実践の科学 2007年7月号 / Vol.32 No.8
B5判 定価1,188円(本体価格1,100円+8%税)

特集

看護師長がやるべきこと
看護師長の重要な役割として,役割モデル(role model),リーダー(leader),変化促進者(change agent)の3つがあげられます。
本特集では,この3つの役割を踏まえて,“看護師長がやるべきこと”を経験に基づいて示唆します。
2007年7月号

[特集]
看護師長がやるべきこと
現場の意思決定を担う看護師長が“やるべきこと”と“やってはいけないこと”/高井 今日子
最終判断は自分がすること ―目標を共有する中での責任/小川 多賀子
変化促進者としての看護師長 ―患者参加型看護計画導入の挑戦/小澄 悦子
ボトムアップの成果に変えてしまう戦略 ―IVナース育成過程における看護長の役割/長田 正子
大切なのは自分の考えを明確にすること ―同意と参加を促すアプローチ/八木 純

[新連載]
人が人の中で活かされること ―心理臨床を通して思うこと/土屋 由美
「理解の仕方」にも個性がある
看護管理の実学 ―エグゼクティブ・リーダーシップに向けて/勝原 裕美子
実学へ

[好評連載]
看護時評/川島 みどり
日々行なっていることへの疑問から始まる倫理
Beyond Nursing:看護学の基礎を考える/川原 由佳里
ケアの現象とその表現(3)
―システム論と看護 ホメオスタティックな世界観part2
スウェーデンの在宅ケア/伊澤 知法
ストックホルムからの現状報告②
Dr.大島一太の心電図講座 正常か異常か危険か 心電図モニターチェックのポイント/大島 一太
期外収縮
看護の将来に影響する ―重要報告書を読む/井部 俊子
第24回 看護師臨床研修必修化推進検討委員会報告
新人ナースの職場適応能力を育てる ―その現状と対策/柳田 美喜子・村田 千代
新人看護師に対する院内教育の実際と課題 ―新人看護師の集合研修を中心に
文書・論文の書き方/山川 美登里
プレゼンテーションの実際
看護現場を変える 固定チームナーシング/笹尾 孝美
看護師一人ひとりの工夫を活かした固定チームナーシングでの実践報告
海の向こう側からのNEWS LETTER/卯野 木健
Post-doctoral fellowとしての研究生活から
第7回 進行状況
患者のQOLを大切にした治療技術入門 ―現代医学の進化を知る/佐藤 純一
パーキンソン病の治療
子どもたちへのアプローチ ―小児救急看護の現場から/吉野 尚一
処置を嫌がる子どもにどう関わるか?
医療・看護事故の真実 ―同じ過ちを繰り返さないために/隈本 邦彦
事故を反省し過ちに学ぶ姿勢が被害者の心をも癒す
なずなの語り/堀内 園子
言葉を超えて通じ合うもの
杉野元子の研修会リサーチ/杉野 元子
委員会活動の成果
ニュースの現在/梶本 章
山本さんのこと

バックナンバー項目ページへ