mag-title
品切れ
看護実践の科学 2007年8月号 / Vol.32 No.9
B5判 定価1,188円(本体価格1,100円+8%税)

特集

輸液ライン管理必携 第2弾
入院期間の短縮などに伴い、病棟は医療依存度の高い患者ばかりとなり、全ての患者に輸液が施されるという状況になっているようです。それゆえ、輸液看護は、今や日常看護の一部と言ってもよいでしょう。
本特集ではそれらの知識を体系的に理解できるように紹介いたします。4月号の基礎編に続く、上級編です。
2007年8月号

[特集]
輸液ライン管理必携 第2弾
体液バランスの補正と維持の基本/卯野木健
栄養の補給 ―経静脈栄養の基本とその看護/櫻本秀明
疾患の治療
抗菌薬/内海桃絵
鎮静薬/芹田晃道
利尿薬/岡田彩子
抗がん剤/足利幸乃

[好評連載]
最終回 スウェーデンの在宅ケア/伊澤知法
ストックホルムからの現状報告③
プリセプターシップ ―その導入と定着に向けて/小坂智恵子
プリセプティの導き方
Beyond Nursing:看護学の基礎を考える/川原由佳里
ケアの現象とその表現(4)
―システム論と看護 ホメオダイナミックな世界観par1
Dr.大島一太の心電図講座 正常か異常か危険か 心電図モニターチェックのポイント/大島一太
心房細動(atrial fibrillation:AF)
新人ナースの職場適応能力を育てる ―その現状と対策/村田千代・他
プリセプター制の実態と課題
書・論文の書き方/山川美登里
カルテ開示時代の看護記録の書き方 ―個人情報保護とインフォームド・コンセントの視点から
看護現場を変える 固定チームナーシング/谷口雅江・他
精神科における固定チームナーシングの醍醐味
海の向こう側からのNEWS LETTER/卯野木健
Post-doctoral fellowとしての研究生活から 米国の教員制度
人が人の中で活かされること ―心理臨床を通して思うこと/土屋由美
私のことばは,私だけのもの?
患者のQOLを大切にした治療技術入門 ―現代医学の進化を知る/佐藤純一
気管支喘息 ―その1
子どもたちへのアプローチ ―小児救急看護の現場から/林幸子
子どもの事故防止 第2報
医療・看護事故の真実 ―同じ過ちを繰り返さないために/隈本邦彦
何のための事故調査か? いまだに生かされない教訓
看護管理の実学 ―エグゼクティブ・リーダーシップに向けて/勝原裕美子
吐き出し研修
なずなの語り/堀内園子
社会の中で生きる
杉野元子の研修会リサーチ/杉野元子
熟年看護師研修
ニュースの現在/梶本 章
日野原さんの実験

バックナンバー項目ページへ