mag-title
品切れ
看護実践の科学 2008年2月号 / Vol.33 No.2
B5判 定価1,188円(本体価格1,100円+8%税)

特集

カンファレンスをしていますか?
入院期間短縮の中でも意義のある方法
カンファレンスの目標は,情報の共有と看護の質向上です。
看護計画などもカンファレンスを通じて患者の様々な情報を得てより総合的な内容にすることができます。そして,現在,入院期間短縮とクリティカルパスなど看護の標準化が進められている中で,チームのコミュニケーション不足が指摘されていますが,ディスコミュニケーションがもたらす医療・看護ミスを防ぐという面でもカンファレンスは貴重な場と言えます。
この特集では,ケアの質確保と情報共有を確かなものにするために,現在,臨床ではどのようなカンファレンスをしているのか報告していただきます。
2008年2月号

[特集]
カンファレンスをしていますか? 入院期間短縮の中でも意義のある方法
看護を語り,調整の場としてのカンファレンスへ ―成果を生むチーム活動の道具として/杉野 元子
9つのカンファレンスを駆使するために必要なもの/今田 瞳
カンファレンスを成功させるためのアイディアと工夫/清水 称喜
呼吸器内科のカンファレンスの取り組み/柳川 のり子
総合周産期母子医療センターにおける効果的なカンファレンスの実際 ―産褥棟に焦点をあてて/井本 寛子
カンファレンスの定着へ ―精神科での体制づくり/大竹 眞裕美

[新連載]
夫が認知症になった/山口 貴美子
発症はいつ?

[好評連載]
今月の歌/東 めぐみ
如月の歌
看護時評/川島 みどり
医師の不足を肩代わりするのが看護の専門性か
Beyond Nursing:看護学の基礎を考える/川原 由佳里
看護学の成立する基盤(4) ―倫理的知識
Dr.大島一太の心電図講座 正常か異常か危険か 心電図モニターチェックのポイント/大島 一太
洞不全症候群(sick sinus syndrome:SSS)
進化する慢性病看護/竹川 幸恵
慢性呼吸不全患者が在宅酸素療法と共に生きることへの支援
新人ナースの職場適応能力を育てる ―その現状と対策/神郡 博
新人ナースの職場適応を助け支えるキーファクター ―②
看護の将来に影響する重要報告書を読む/井部 俊子
平成18年度診療報酬改定結果検証に係る調査〔その2〕
看護を語るなかで知る誇りと喜び/宗和 里美
看護を語る魅力 ―「痛みの恐怖から病状について話したくないという患者への対応を考える」から
今臨床が変わる 固定チームナーシングの小集団活動/受川 志津子・他
ケア改善を目指した活動が看護スタッフの意識向上に及ぼす影響 ―口腔ケアの改善への試みを通して
子どもたちへのアプローチ ―小児救急看護の現場から/林 幸子
経口補水療法
わが家(私)の日曜日/為石 眞理子
“あくてぃ部”な生活からの贈りもの♪
今月の時事ネタ/村上 紀美子
患者とのパートナーシップ
ナースのためのこころのチキンスープ/川原 礼子・他 訳
心のすべてが捧げるもの
看護師たちの暮らしから/井上 久
7対1の光と影
人が人の中で活かされること ―心理臨床を通して思うこと/土屋 由美
気持ちを察することはやさしさですか?
看護管理の実学 ―エグゼクティブ・リーダーシップに向けて/勝原 裕美子
教え子の病院見学
なずなの語り/堀内 園子
Nさんの在宅支援
杉野元子の研修会リサーチ/杉野 元子
看護部長さんたちの底力

バックナンバー項目ページへ