mag-title
看護実践の科学 2008年6月号 / Vol.33 No.7
B5判 定価1,188円(本体価格1,100円+8%税)

特集

いま,看護の危機とは
―私はこう考える
「医療崩壊」と叫ばれています。その内容は主に「医師不足」による深刻な事態のリポートと改革の訴えです。
しかし,「崩壊」の危機は,医師を増やせば解決するというものではないように思えます。看護師も,過重で複雑化した仕事にバーンアウト寸前の危機を迎えているのです。「医療崩壊」はもっと多角的に構造的に考え,対処しなければならない課題です。
それでは,看護の危機とは何を意味するのでしょうか? 様々な立場の方に語っていただきました。
2008年6月号

[特集]
いま,看護の危機とは ―私はこう考える
[総論]
看護の危機への提言/勝原 裕美子
[各論]
専門性を発揮することで看護の危機認識を覆す/日野 千奈美
中堅,ベテラン看護師の退職について現在の看護/中河 美知子
働きやすい職場づくりの大切さ/濱口 さおり
専門職としての価値観,倫理観をゆるがされかねない危機/赤松 房子
「生活の場」での看護から見える危機/宮田 乃有
時代の変化に対応できていない現実/渕野 純子
[特別関連企画]
医師の仕事の委譲に伴う策略と願望/川島 みどり
[特集関連リポート]
すぐそこにある“看護の危機”/編集部

[新連載]
医療事故:真実説明・謝罪指針/埴岡 健一
本当のことを話して(必要なときは)謝りたい

[好評連載]
今月の歌/東 めぐみ
水無月の歌
看護時評/川島 みどり
介護環境を整えることは喫緊の課題
Beyond Nursing:看護学の基礎を考える/川原 由佳里
看護の主要概念の探究(2) 反復,持続する構造
最終回 Dr.大島一太の心電図講座 ―正常か異常か危険か 心電図モニターチェックのポイント/大島 一太
狭心症・急性心筋梗塞(angina pectoris:AP・acute myocardial infarction:AMI)
進化する慢性病看護/鈴木 智津子
不確かさに耐える関節リウマチ患者の意思決定を支える看護
今臨床が変わる 固定チームナーシングの小集団活動
小集団活動の充実 ―転ばぬ先の杖班の活動報告/中村 直美・他
往復書簡 ニューヨーク&東京 ―心のケア/新野 由子・岡田 圭
新しい可能性を求めて 第3回 ―受容
実践研究
人間対人間の関係からはじまる看護 ―理解と信頼への歩み/藤原 尚子
わが家(私)の日曜日/佐藤 久光
日曜日だからこそ仕事して何が悪い!
今月の時事ネタ/村上 紀美子
後期高齢者? 長寿? 新しい医療保険
看護師たちの暮らしから/井上 久
夜勤と看護師の暮らし
人が人の中で活かされること ―心理臨床を通して思うこと/土屋 由美
で・き・ご・と
子どもたちへのアプローチ ―小児救急看護の現場から/吉野 尚一
子どものことば
最終回 ナースのためのこころのチキンスープ/川原礼子・他/訳
一枚の紙切れ A Piece of Paper
Nurses’ eye/久保沢 良子
術後看護の一場面の振り返りから
夫が認知症になった/山口 貴美子
少しずつ何かが壊れていく
看護管理の実学 ―エグゼクティブ・リーダーシップに向けて/勝原 裕美子
新人の職場配置
なずなの語り/堀内 園子
お風呂に行きましょう
杉野元子の研修会リサーチ/杉野 元子
準備することの大切さ

バックナンバー項目ページへ