mag-title
品切れ
看護実践の科学 2008年10月号 / Vol.33 No.11
B5判 定価1,188円(本体価格1,100円+8%税)

特集

固定チームナーシングによる人材育成と定着
昨年4月,12年ぶりで改定された7対1看護。
しかし多くの病院では看護師不足は深刻化しています。
一方, 入院期間短縮,院内IT 化など働く環境は複雑・多様化し,“安全で質の高い看護を提供したい”という看護の願いに逆行する状況も生み出されています。
本特集では看護方式の一つ“固定チームナーシング”を人を育てるシステムツールとして活用し,個人のやりがい感や,集団の成長を目指した取り組みを紹介します。
2008年10月号

[特集]
固定チームナーシングによる人材育成と定着
人材育成と定着 ―個性とキャリアを尊重した多彩な人材育成プログラムがナースの定着につながる/西元 勝子
チーム全体でプリセプターをサポートし新人を育てる/松本 智子・他
卒後3年目看護師の育成と教育プログラム ―やりがいにつながる教育を目指して/山本 喜志惠
職務満足を得るための患者グループ再編成 ―看護管理指標データを利用して/渡邉 知子
外来と病棟のプール制における人材育成/長濱 マチ子・他
看護助手の小集団活動が看護の業務改善と新たなチーム力を造る/笹尾 孝美・他
看護職の施設を超えた交流研修会の効果と活動/古垣 成子

[新連載]
医療英語は面白い 謎解きMedspeak/田中 芳文
weak and dizzy all over ―患者の主訴

[好評連載]
今月の歌/東 めぐみ
長月の歌
看護時評/川島 みどり
形骸化する医療システムと統合医療
Beyond Nursing:看護学の基礎を考える/川原 由佳里
看護の主要概念の探究(6) ―自立,セルフケア
進化する慢性病看護/小江 奈美子
慢性腎不全(保存期)に至った人への支援
今臨床が変わる 固定チームナーシングの小集団活動/関田 美恵子・他
やりがい・達成感のあるチーム活動をめざして ~やりたい看護をプレゼンテーションしてみよう~
教育実践 患者に学ぶコミュニケーション/俵 麻紀・他
ALS患者・家族とともに行なう文字盤を用いた授業の実際
医療事故:真実説明・謝罪指針/菅俣 弘道
私たちは歓迎します ―真実説明・謝罪:医療事故被害者の立場から
わが家(私)の日曜日/岩本 明子
私と音楽
今月の時事ネタ/村上 紀美子
米国の病院と在宅ケア ―1年後の再訪
看護師たちの暮らしから/井上 久
後期高齢者医療制度を考える
人が人の中で活かされること ―心理臨床を通して思うこと/土屋 由美
公私混同
子どもたちへのアプローチ ―小児救急看護の現場から/吉野 尚一
救急初期診療から家族看護を考える
夫が認知症になった/山口貴美子
認知症と医療との連携
ワークライフバランスを探る ―「生活の場」に挑む訪問看護師の日々/宮田 乃有
「言葉」の解釈
看護管理の実学 ―エグゼクティブ・リーダーシップに向けて/勝原 裕美子
新聞に掲載された反響
なずなの語り/堀内 園子
向き合う
往復書簡 ニューヨーク&東京 ―心のケア/新野 由子・岡田 圭
新しい可能性を求めて 第7回 もてなしの文化と終末期の生活空間
News 固定チームナーシング研究会・地方会/安次嶺 禮子・他
第8回沖縄地方会を終えて
杉野元子の研修会リサーチ/杉野元子
他施設との合同勉強会

バックナンバー項目ページへ