mag-title
品切れ
看護実践の科学 2008年12月号 / Vol.33 No.13
B5判価格未定

特集

変わる慢性腎臓病(CKD)患者の看護
―看護の力量が問われるとき
「慢性腎臓病(CKD)」は,慢性的に腎臓機能が低下している状態をさす新しい概念で,2002年に米国で提唱されました。
わが国では5人に1人,約2,000万人が慢性腎臓病になるといわれています。
本特集では「多臓器に障害を受けている腎不全患者」という見方を通して,患者の安全性と安楽性,高齢化・重症化への対応など,事例を交えて紹介します。
2008年12月号

[特集]
変わる慢性腎臓病(CKD)患者の看護 ―看護の力量が問われるとき
看護の力が試される慢性腎臓病患者の看護/佐藤 久光
慢性腎臓病患者への支援 ―療養生活における安全・安心へむけて/萩原 千鶴子
慢性腎臓病患者ステージ4から治療選択までの看護 ―進行していく過程を支援する/杉田 和代
透析患者のセルフマネジメントを高める援助/柿本 なおみ・他
長期透析患者の継続看護の実際 ―多臓器に傷害を受けている腎不全患者の看護を通して/竹見 八代子

[好評連載]
今月の歌/東 めぐみ
師走の歌
最終回 看護時評/川島 みどり
患者の安寧と看護師の労働条件
最終回 看護を語るなかで知る誇りと喜び/及川 律子・他
看護する楽しさと実感を伝えていく場としての「看護を語る会」
最終回 看護の将来に影響する重要報告書を読む/井部 俊子
認知症の医療と生活の質を高める緊急プロジェクト報告書 ―厚生労働省 平成20年7月
Beyond Nursing:看護学の基礎を考える/川原 由佳里
看護学の基礎を考える(1)看護の現象
最終回 今臨床が変わる 固定チームナーシングの小集団活動/松田 満孝・他
回復期リハビリテーション病棟における小集団活動の成果 ―個別性のある摂食嚥下機能改善への取り組み
進化する慢性病看護/上野 聡子
ボディイメージが変わるPD患者の障害受容への支援
最終回 医療事故:真実説明・謝罪指針/吉田 あや子
看護師の立場から
往復書簡 ニューヨーク&東京 ―心のケア/岡田 圭
限りある生を限りなく愛でる
看護を描く/見城 道子
聴診器は過去のもの
わが家(私)の日曜日/松井 とも子
災害救助犬ピピ
最終回 今月の時事ネタ/村上 紀美子
そしてこれから
看護師たちの暮らしから/大村 淑美
見直してみよう看護師の労働時間
人が人の中で活かされること ―心理臨床を通して思うこと/土屋 由美
「言ってくれれば族」 vs 「言わなくても族」
最終回 子どもたちへのアプローチ ―小児救急看護の現場から/白石 裕子
エピローグ―小児救急医療のゆくえ
最終回 夫が認知症になった/山口 貴美子
9月はアルツハイマー病のイベントの月
医療英語は面白い 謎解きMedspeak/田中 芳文
code brown ―何が起こったのか?
ワークライフバランスを探る ―「生活の場」に挑む訪問看護師の日々/宮田 乃有
その家の文化
看護管理の実学 ―エグゼクティブ・リーダーシップに向けて/勝原 裕美子
診療部長に期待するマネジメント
最終回 なずなの語り/堀内 園子
Xさんに託された言葉
News 固定チームナーシング研究会・地方会/小原千春
第11回島根地方会を終えて
杉野元子の研修会リサーチ/杉野 元子
司会のしかたの工夫

バックナンバー項目ページへ