mag-title
看護実践の科学 2009年3月号 / Vol.34 No.3
B5判 104頁 定価1,188円(本体価格1,100円+8%税)

特集

ともに学ぶ事例検討
看護の振り返りと評価
看護ケアの評価は事例検討に始まり事例検討に終わる,といっても過言ではないといわれています。
また看護の事例検討は患者に対する観察力,判断力,看護技術の適用判断など臨床看護能力を養い,同時に問題意識を深めることにつながります。
本特集ではそうした看護における事例検討の必要性・院内研修における事例検討・優れた看護実践を集積するための事例検討・看護の質向上を目指す事例検討・在宅・訪問看護場面での事例検討の実際をお送りします。
2009年3月号

[特集]
ともに学ぶ事例検討 看護の振り返りと評価
事例検討はなぜ必要か ―実践から学ぶことの大切さ/平松 則子
院内研修の成果をめざす事例検討/手塚 とみ江
チームと個を支える事例検討 ―優れた看護実践を集積し語りついでいくために/河井友子・他
看護の質向上委員会による事例検討の効果/中 明子・他
在宅・訪問看護の場で行なわれる事例検討/小菅 紀子・他

[特別寄稿]
看護の基礎教育をめぐる動向 専門学校から大学教育へ(下)/梶本 章
「看護基礎教育のあり方に関する懇談会」の論点整理をめぐって

[好評連載]
新しい看護の方向 看護の技がもたらす効果 ―TE ARTE 学序説/小板橋 喜久代
からだを癒す・こころを癒す ―技をもつということ(その1)
業務改善 ―よりよい病棟運営のために/白水 雅子・他
心臓リハビリテーションにおける集団栄養指導への取り組み
看護管理 ―私たちの挑戦 看護部は風上を向いて舵をとる/山崎 美鈴
救命センターにおけるSEIBU自己目標管理システム運用の実際
触れるを科学する/山口 創
高齢者の身体接触
行動変容を起こすプレゼン25か条/棚橋 千里
基本編:しっていればできること その2
真実説明・謝罪指針 ―誕生に至る背景/小野崎 耕平
医療安全の新たな展開
固定チームナーシング用語事典/西元 勝子
今月の歌/東 めぐみ
河野愛子の歌
Beyond Nursing:看護学の基礎を考える/川原 由佳里
看護学の基礎を考える(4)理論を創ることの意味
進化する慢性病看護/和田 由樹
虚血性心疾患を抱えながら生きる人への支援
往復書簡 ニューヨーク&東京 ―心のケア/新野 由子
新しい可能性を求めて ―生死が日常で語られる社会を目指して
わが家(私)の日曜日/戸井田 ひとみ
単身赴任生活の楽しみ
看護師たちの暮らしから/大村 淑美
キャリアアップは自己責任?
医療英語は面白い 謎解きMedspeak/田中 芳文
スーツケースをもったおばあちゃん
人が人の中で活かされること/土屋 由美
理屈のある世界,理屈のない世界
ワークライフバランスを探る/宮田 乃有
アラウンド100
看護管理の実学 ―エグゼクティブ・リーダーシップに向けて/勝原 裕美子
名刺
News 固定チームナーシング研究会・地方会/出口 まり子
第8回北陸地方会を終えて
杉野元子の研修会リサーチ/杉野 元子
資料集の活用
編集委員の窓/川島 みどり
平和 ―人間の生きることへの保障

バックナンバー項目ページへ