mag-title
看護実践の科学 2009年10月号 / Vol.34 No.11
B5判 104頁 定価1,188円(本体価格1,100円+8%税)

特集

本音で語る
看護師長とスタッフの交流
情報収集から問題解決へ
看護はチーム活動が基本です。
どんな状況にあっても24 時間,患者に責任を持ち,継続した看護の提供は欠かせません。
今特集では厳しい看護現場で,看護師長とスタッフが互いに関係を密にし,業務がスムースに遂行するためにどのような交流の場や環境を創り,活動しているか。
日々の実践を通してダイナミックな交流の実際をお届けします。
2009年10月号

[特集]
本音で語る
看護師長とスタッフの交流 情報収集から問題解決へ
本音で語る 必要な情報は人の中にある ―多彩な交流の機会が,上質の情報と課題達成につながる/西元 勝子
風通しの良い職場作りをめざして/北山 厚子
集団としての成長と看護師長のかかわり/横澤 ひとみ
スタッフのやりがい感向上をめざした取り組み ―看護師長の勤務異動後の情報収集から問題解決へ/橋添 礼子
看護方式変更により生まれたチームの輪 ―固定チームナーシングの導入を通して/平尾 隆枝
師長のことばとそれを聞くスタッフの理解/天谷 恵美子

[新連載]
臨床実践に役立つ看護研究/神郡 博
研究とは何か ―その本来的意味
静脈注射の安全実施に向けた院内教育プログラム/大竹 信子
静脈注射院内研修企画の経緯と概要

[好評連載]
新しい看護の方向 看護の技がもたらす効果 ―TE ARTE 学序説/境 裕子
腹臥位療法 ―腹臥位療法における手当てについて(その2)
臨床と日常の漢方 ―女性のための現代漢方講座/大田黒 義郎
便秘を治して,同時に全身を整えよう!
看護管理 ―私たちの挑戦 看護部は風上を向いて舵をとる/市村 真理子
新人教育プログラムの再構築 ―育てるから自ら育つことを目指した支援体制づくり
触れるを科学する/山口 創
オキシトシンを増やす方法
行動変容を起こすプレゼン25か条/棚橋 千里
上級編:さあ,チャレンジあるのみ! その2
固定チームナーシング用語事典/西元 勝子
中堅ナースのリーダーシップ術/小林 美亜
医師とのコミュニケーション
今月の歌/東 めぐみ
齋藤史の歌
進化する慢性病看護/伊波 早苗
退院支援
わが家(私)の日曜日/吉村 美樹
緑と海の風と共に走る
看護師たちの暮らしから/大村 淑美
戦争と医療 私たちに問われるものは ―ナチ時代の医師の犯罪から
医療英語は面白い 謎解きMedspeak/田中 芳文
「ひづめの音が聞こえたら……」 ―諺や引用
ワークライフバランスを探る/宮田 乃有
報酬のジレンマ
看護管理の実学 ―エグゼクティブ・リーダーシップに向けて/勝原 裕美子
第28回病院主催で学会開催
News 固定チームナーシング研究会・地方会/高橋 純子
第3回鹿児島地方会を終えて
杉野元子の研修会リサーチ/杉野 元子
大会でのメンバーの参加のしかた
編集委員の窓/川島 みどり
学ぶことには終わりがない

バックナンバー項目ページへ