mag-title
看護実践の科学 2010年2月号 / Vol.35 No.2
B5判 104頁 定価1,296円(本体価格1,200円+8%税)

連続特集

看護チームは機能しているか②
個性を活かしたチームワークの可能性
優れたチーム”とはどんなチームでしょうか…。
看護師1人ひとりがそれぞれの立場と役割を十分に発揮でき,それを有効に活かせるチームワーク活動に依拠するのではないかと考えます。
そこにはチーム内での人間関係やコミュニケーション,また職場環境の問題も含まれます。
チーム医療が求められる現在,多職種との連携も含め,個性を活かしたチームワークの可能性を探ります。
2010年2月号

[連続特集]
看護チームは機能しているか②
個性を活かしたチームワークの可能性
多様な人材の力を引き出すチームとは/野口 和子
多様な働きを尊重し,個の目標達成を支えるチーム作り/籾木 てい子・他
個を活かしチームの力を高める病棟課長の関わり/大野 忍
チーム活動がもたらす看護の力 ―チームワークづくりのための新人看護師研修/東 典子
多職種連携の中でのチームワーク/淵野 純子

[新連載]
ナラティヴ・アプローチで変わる看護/紙野 雪香
“あなた”と“私”が紡ぐ臨床看護実践

[好評連載]
健康,安全,生活からみた看護師の夜勤/佐々木 司
健康リスクからみた看護師の夜勤
はじめてのDPC/仲野 悦子
包括化と看護
事例を通して考える認知症ケア/犬塚 久美子・他
すずかけ方式の枠組み(2)
緩和ケア病棟便り/長江 浩幸
「私の意思書」家族と話し合うリビングウイル
医療時評/神津 仁
英語語源ノート ―間違いやすいカタカナ語/田中 芳文
ドレッシング,ガーゼ,スポンジ
買い物・怪モノ/星井 美奈
ネット書店の威力を知る
すぐに役立つ暮らしの知恵 ―疲れないための日常のヒント/室谷 良子
ほおずき揉み
今月の歌/東 めぐみ
臨床実践に役立つ看護研究/原田 真里子
研究課題の明確化 1.模索
新しい看護の方向 ―看護の技がもたらす効果 ―TE ARTE 学序説/八塚 美樹
手わざ法の臨床での活用と成果
臨床と日常の漢方 ―女性のための現代漢方講座/大田黒 義郎
高齢者の健康保持と介護のための漢方治療
わが家(私)の日曜日/佐藤 繁子
フラワーデザインと2匹の猫
中堅ナースのリーダーシップ術/小林 美亜
マナーとコミュニケーション
看護管理の実学 ―エグゼクティブ・リーダーシップに向けて/勝原 裕美子
手書きへのこだわり
固定チームナーシング用語事典/西元 勝子
杉野元子の研修会リサーチ/杉野 元子
プログラムを柔軟に変更する
News 固定チームナーシング研究会・地方会/大庭 鶴子
第1回中国四国地方会を開催
編集委員の窓/陣田 泰子
技芸天女との再会
看研究レポート/伊藤 貴子・他
診療関連死モデル事業における看護職の登用とその機能

バックナンバー項目ページへ