mag-title
看護実践の科学 2010年12月号 / Vol.35 No.13
B5判 104頁 定価1,296円(本体価格1,200円+8%税)

特集

看護にとっての医療安全対策
安全で質の高い医療(看護)の提供は,医療機関において最重要課題として位置づけられています。
そこには患者さんの安全はもちろんですが,職員の安全もまた欠かせません。
院内における安全管理対策室の設置や委員会など組織されている今日,看護にとっての「医療安全対策」に関する日常の取り組み,インシデント・アクシデントや事故事例の分析,院内ラウンド,そして医療安全教育等々の実践を報告していただきます。
2010年12月号

[特集]
看護にとっての医療安全対策
看護が今,取り組んでいる医療安全対策/山口 千鶴子・他
院内ラウンド活性化への取り組み/丹下 純子・他
新人看護師への医療安全に関する教育/石塚 京子

[特別寄稿]
なぜ認知症に緩和ケアなのか?/木本 明恵

[好評連載]
看護とインタープロフェッショナル・ワーク/田村 由美
IPWと患者中心のケア
緩和ケア病棟便り/長江 浩幸
結果ではなく,過程を大事にする医療
事例を通して考える認知症ケア/犬塚 久美子・他
すずかけ方式認知症ケアの意義と展望(座談会)
保健医療の臨床社会心理学 ─患者と医療従事者の心のありかたをめぐって/藤田 和夫
医療従事者の役割・海外との比較 ―日本の医療は諸外国とは単純に比較できない
ナースのヒューマニティ ―訪問看護のなかで積み重ねる経験/池田 和香子
私が出会った訪問看護師
過労死と家族 ―遺族ケアへの手がかりを求めて/飯島 淳子
スタートラインとしての看護師の対応
80代の勉強 ―進行形の老年学/野村 拓
時代を切り抜く
日本列島こころの旅路/本田 成親
青木ヶ原樹海での人間教育(その1)
医療時評/神津 仁
英語語源ノート ―間違いやすいカタカナ語/田中 芳文
キャンプナース 看護師の名称
買い物・怪モノ/星井 美奈
それでも乗りたい豪華客船
すぐに役立つ暮らしの知恵 ―疲れないための日常のヒント/室谷 良子
意外と知らない手洗い&うがいの仕方
今月の歌/東 めぐみ
今日,そしてあした
臨床実践に役立つ看護研究/佐藤 真由美・他
調査研究 ―プロセスと具体的な研究方法の検討
わが家(私)の日曜日/河辺 紅美
休日はゴルフでリフレッシュ
看護管理の実学 ―エグゼクティブ・リーダーシップに向けて/勝原 裕美子
マグネット・カンファレンスへの参加
固定チームナーシング研究会・地方会
第12回近畿地方会の報告とご案内/大下 ひろみ
杉野元子の研修会リサーチ/杉野 元子
パネルディスカッションの準備
編集委員の窓/川島 みどり
ジェネラリストの自信と誇り

バックナンバー項目ページへ