mag-title
看護実践の科学 2011年5月号 / Vol.36 No.5
B5判 104頁 定価1,296円(本体価格1,200円+8%税)

特集

効果的な多重課題研修プログラム
新人研修のプログラムをスタートする季節, また,昨年(2010年)には,現任教育において新人看護職員の卒後臨床研修等が施設の努力義務となりました。
なかでも新人看護師のリアリティショックにどう対処するか。複数患者を受け持ちながら多様な看護業務に対応しなければならないのが臨床看護現場。
その状況を和らげ,臨床現場への適応のために行なわれている「多重課題研修」の方法と実際を探ります。
2011年5月号

[特集]
効果的な多重課題研修プログラム
新人看護職員の多重課題研修の意義とあり方/猪又 克子
新人看護師対象多重課題シミュレーションの企画 ―主任研修会での企画検証から/天谷 恵美子
時間切迫・多重課題演習 ―新人看護師の気づきをうながす研修/久保 ひろみ
多重課題場面における行動特性/山出 誓子・他
二交替を検証する 第1報 ―拘束時間,身体活動量,仮眠効果/16時間夜勤疲労度調査合同研究班

[好評連載]
慢性病看護の新しい技術/東 めぐみ
糖尿病患者が食事療法を自分のこととして取り組む援助
野の花診療所に吹く風/志賀 純子
人間らしい最期をむかえたじいたん
治療・療養過程での課題の可視化と看護の取り組み/小原 泉
最期まで生き抜く術の探索:進行がん患者と第Ⅰ相試験
組織は人によって発展する ―中堅からのキャリアパス/作山 美香
Middle愛仁会看護管理者能力開発ガイドライン
「看護管理の看護管理技術展開領域16項目について」
臨床に活かすケーススタディ・リサーチ/北 素子
ケーススタディ・リサーチにおける理論の役割と研究デザインの質評価
看護史補強あ・ら・かると/野村 拓
病める貧者(sick poor)
季節をめぐるうた/花山 周子
その5
臨床実践に役立つ看護研究/加賀谷 紀子・他
研究と倫理的課題
2)倫理的配慮 ―事例を通した具体例
看護とインタープロフェッショナル・ワーク/長尾 式子・他
IPWと倫理
ナースのヒューマニティ ―訪問看護のなかで積み重ねる経験/西川 晃子
感情
日本列島こころの旅路/本田 成親
鎮魂 ~深い悼みのもとで受難者の冥福を祈る~  三陸の青き浄土に地獄絵図描く仏の御心や如何に
買い物・怪モノ/星井 美奈
物欲血中濃度とお買い物
わが家(私)の日曜日/本多 綾子
屋久島で山ガールデビュー
保健医療の臨床社会心理学 ─患者と医療従事者の心のありかたをめぐって/藤田 和夫
医療現場における外れ値問題をめぐって―モンスターペイシェント
看護管理の実学 ―エグゼクティブ・リーダーシップに向けて/勝原 裕美子
職員からの派遣の申し出
固定チームナーシング研究会・地方会/吉野 絹子
第10回北陸地方会を終えて
杉野元子の研修会リサーチ/杉野 元子
東日本大震災,信念を持つリーダーの存在が要
編集委員の窓/遊佐 千鶴
うつむかずに前向きな強い気持ち

バックナンバー項目ページへ