mag-title
看護実践の科学 2011年8月号 / Vol.36 No.9
B5判 104頁 定価1,296円(本体価格1,200円+8%税)

特集

事例を通して知る外来看護の役割
疾病の多様化に加え在院日数の短縮化は,医療ニーズの高い患者の退院につながり,地域から医療機関に通院しながら医療を受ける形に変化しつつあります。
そこで重要な役割を果たすのが外来医療・看護です。
機能分化も進む中,各専門外来も増え,その中で看護外来も大きな役割を果たしているのではないかと思います。
そこで多様な今日的外来における看護職の役割を,事例を軸にそのプロセスを通してご紹介します。
2011年8月号

[特集]
事例を通して知る外来看護の役割
地域連携をめざした継続看護システムの構築/藤本 陽子・他
継続看護における外来看護の役割/久良木 好美
悪化予防を目的に介入,創閉鎖した症例を通して知る外来看護の役割/島ノ江 栄子
腎センター看護師が行なう外来看護の成果/桜井 幸代

[座談会]
専門学校における看護教育の課題と今後 《前編》
高梨 俊毅 + 三浦 文子 + 小泉 智恵子 + 服部 眞澄

[新連載]
患者のこころの声を聴く ―ICU看護の体験を糧に看護の意味を問う/小林 美和
金の鶴が空高く羽ばたいた

[好評連載]
慢性病看護の新しい技術/添田 百合子
糖尿病患者の病気の体験に変化をもたらす看護援助技術
野の花診療所に吹く風/志賀 純子
驚くスピードの悪性黒色腫
治療・療養過程での課題の可視化と看護の取り組み/渡邊 朱美
家族から臓器をもらうという治療法の過酷さ 究極の利他行為 期待感とつきまとう負い目(生体肝移植)
組織は人によって発展する ―中堅からのキャリアパス/竹歳 鈴子
Middle 愛仁会看護管理者能力開発ガイドライン「看護管理展開領域その2」
臨床に活かすケーススタディ・リサーチ/野口 真貴子
ケーススタディ・リサーチのデータ収集
1.ケーススタディにおけるエビデンス
看護史補強あ・ら・かると/野村 拓
総力戦と看護マンパワー
交替勤務を科学するプロジェクト事務局便り/大利 英昭
荒波に沈む新人
季節をめぐるうた/花山 周子
その8
臨床実践に役立つ看護研究/三上 聖治
データと統計処理 その3
看護とインタープロフェッショナル・ワーク/田村 由美
看護専門職に期待されるIPW・IPEのリーディング
日本列島こころの旅路/本田 成親
原子力発電所災害に思うこと(その3)
買い物・怪モノ/星井 美奈
早起きする人
わが家(私)の日曜日/瀧沢 正敏
休日は趣味でリセット ―家族みんなで明るく楽しく
保健医療の臨床社会心理学 ─患者と医療従事者の心のありかたをめぐって/藤田 和夫
韓国の火病と日本の更年期症状との関連性 ─ナラティブセラピーによる治療可能性を求めて
看護管理の実学 ―エグゼクティブ・リーダーシップに向けて/勝原 裕美子
祝!連載50回
固定チームナーシング研究会・地方会
第7回東北地方会を終えて/髙木 朝子
杉野元子の研修会リサーチ/杉野 元子
いま私たちにできるボランティア活動
編集委員の窓/秋吉 静子
東日本大震災の医療派遣チームを終えて

バックナンバー項目ページへ