mag-title
看護実践の科学 2012年7月号 / Vol.37 No.8
B5判 104頁 定価1,296円(本体価格1,200円+8%税)

特集

看護にリフレクションを
鳥取赤十字病院の取り組み
看護師が実践能力を高めるために,「看護実践のリフレクションによる学び」の重要性がますます注目されています。
本特集では,あらゆる実践の場においてリフレクションを取り入れ,実践を深く丁寧に振り返り,看護専門職としてさらなる成長へと深めている鳥取赤十字病院看護部における取り組みを通して,看護実践におけるリフレクションの重要性と,その実際についてご紹介します。
2012年7月号

[特集]
看護にリフレクションを 鳥取赤十字病院の取り組み
鳥取赤十字病院看護部におけるリフレクションの取り組みとその成果/小山 和子
看護実践におけるリフレクションの活用/田淵 裕子
予約外に突然フットケア外来に来られた糖尿病患者の事例
新人看護師教育におけるリフレクションの活用/尾崎 彰江
研修におけるリフレクションの活用/妹尾 美智代
看護師と看護助手(看護補助者)の協働を推進して/廣岩 厚美
新米看護師長としての振り返り

[新連載]
看護・魅力発見 ─庄原赤十字病院ナイチンゲールフェスティバル/槙原 芙美子・他
ナイチンゲール看護を語り伝えたい

[好評連載]
編集委員の窓/市川 幾恵
気になる言葉遣いがあります
インタビュー
質の評価からみた排泄ケアとコストのバランス ─ユニ・チャーム メンリッケ株式会社の取り組みを通して
看護研究のための基礎細菌学実験/杉野 浩幸
細菌のグラム染色
慢性病看護の新しい技術/中尾 友美
認知症のある糖尿病患者と支援者をつなげる看護援助
野の花診療所に吹く風/志賀 純子
わが人生に悔いはなし
患者の心の声を聴く ─ICU看護の体験を糧に看護の意味を問う/小林 美和
患者さんの笑顔が教えてくれたもの
動くチーム,動く組織への挑戦 ─メンバー1 人ひとりの強みを生かして,チームの可能性を広げる/北岡 晃・陣田 泰子
第3部会・いきいき働く職場創りとチーム医療を考える
わが家(私)の日曜日/渡辺 小百合
学びと仲間と仕事のバランス
平成語り部教室/野村 拓
雲白き夏の来て
日本列島こころの旅路/本田 成親
原子力発電所災害に思うこと(その14)
看護管理の実学/勝原 裕美子
初めての入院,初めての手術
新しい看護学をめざして/上田 礼子
カルチャー・ショック
固定チームナーシング研究会・地方会
個性を活かす固定チームナーシング ―看護を可視化しよう/太田 泰子
杉野元子の研修会リサーチ/杉野 元子
2つの地方会

バックナンバー項目ページへ