mag-title
看護実践の科学 2013年6月号 / Vol.38 No.7
B5判 96頁 定価1,296円(本体価格1,200円+8%税)

特集

固定チームナーシング一斉導入への取り組み
今日的課題解決に向けて
医療技術の進歩と超高齢化社会を迎え看護・介護の臨床現場は厳しい環境の中で,日々努力をされています。
本特集では時代の急速な変化に対応して,これから私たちが迎える社会に対応した医療・介護を提供しているIMS グループの「リーダー・日々リーダー育成研修」の取り組みと,震災復興の途上で新たにケアの質向上のために固定チームナーシングを一斉導入した,いわき市立総合磐城共立病院の1年目の報告会を元に,今後の医療・介護の現場をどのように創り上げていくかを考えたいと思います。
2013年6月号

[特集]
固定チームナーシング一斉導入への取り組み 今日的課題解決に向けて
IMSグループ一斉導入の実際 ─「チームリーダー・日々リーダー育成」研修を中心に/西元 勝子・北神 洋子
固定チームナーシング一斉導入1年目の報告 ─いわき市立総合磐城共立病院/西元 勝子・坂元 和子・他

[好評連載]
編集委員の窓/川島 みどり
新人を育てる現場の課題
糖尿病・アクティブ患者さんとライフサポーティングQ&A/杉原 茂孝
思春期と糖尿病
マーガレット・ニューマンの理論に基づく看護実践 ─看護師の見方が変わり,ケアの違いを生み出す/濱田 麻里子
ニューマン理論に導かれた臨床実践の試みから見えてきたこと
[最終回] おや? おかしい? 変! 看護現場における“胸騒ぎ”の知/小林 八代枝
感性を育む教育の必要性とその学習
慢性病看護の新しい技術/植木 博子
高齢の終末期CKD 患者の治療中止における支援 ─患者と家族の思いに寄り添ったコミュニケーションと看護者の役割
今さら聞けない 事例のまとめ方・活かし方 ─事例検討から研究まで/山口 みのり
実践しながら事例に取り組む
患者のこころの声を聴く ─ICU看護の体験を糧に看護の意味を問う/小林 美和
こころの声を聴く……メッセージ ―最終章に寄せる(その1)
ハウス・てあーて通信/伊藤 恵理子
ハウス・てあーての原点 ─なでしこ茶論の意義
わがわが家(私)の日曜日/安治 ゆかり
看護師のおばちゃん
ストーリーメイク百科/野村 拓
ポケット版・講話集
日本列島こころの旅路/本田 成親
国宝渡岸寺十一面観音を訪ねて(その3)
看護管理の実学/勝原 裕美子
執行役員として
固定チームナーシング研究会・地方会/上村 ひとみ
第13回沖縄地方会を終えて
杉野元子の研修会リサーチ/杉野 元子
100人参加のグループ討議

バックナンバー項目ページへ