mag-title
看護実践の科学 2015年3月号 / Vol.40 No.3
B5判 96頁 定価1,296円(本体価格1,200円+8%税)

連続特集

カンファレンスの運営と評価③
カンファレンスの評価
「カンファレンスの評価」は次につなげるための重要な要素です。
参加者の振り返りや参加者の声、その後のケアにどうつながったかなどを通して、解決方法の具体化や参加者の意識の変化など、提供するケアの質向上につながります。
今号ではカンファレンスの取り組みのプロセスを通して、どのように変化したかをお送りします。
2015年3月号

[連続特集]
カンファレンスの運営と評価③
カンファレンスの評価
チームカンファレンスについての意識調査 ―医師とのカンファレンスを通して/五十嵐 裕子
他部門看護職参加カンファレンスの評価と今後の課題/水野 織絵・他
看護の質向上を目指した評価カンファレンスを導入して/金子 恵・他
脳神経外科病棟における入院7日以内の退院支援カンファレンスの評価/畑 真夕美・他
在宅カンファレンスの評価と今後の課題 ―スタッフへのアンケート調査分析より/久保田 安子・他
外科病棟におけるデスカンファレンスの評価 ―病棟看護師の精神的負担から見えてきた今後の課題/江間 祐恵・他
[好評連載]
編集委員の窓/陣田 泰子
30年後の同窓会
糖尿病を併せ持つ患者へのチームアプローチ/豊島 麻美
食止め検査を受けるインスリン療法中の患者 ―膵頭十二指腸切除術後の造影CT時の低血糖発作に対応したリスクマネジメント
在宅ノート/徳永 進
くりさんち
看護教育を支えるもの/神郡 博
教育の方法についての考え方③ 学生の主体的な考え方を引き出す授業
欧米での精神看護研修/川野 雅資
ハワイ州の精神看護の領域で活躍するCNSおよびAPRN(上級実践看護師)
その6 Christine Matsuura
わが家(私)の日曜日/尾崎 真裕美
農作業と園芸でリフレッシュ
喪い・時刻む ―私の死生観/川島 みどり
凛として生き抜いた看護の大先達(1)
最終回 グローバル教養学/野村 拓
反認知症的生き方
看護実践論 ―自分史からの出発/小林 美和
墨汁のにおい,思いのせて
杉野元子の研修会リサーチ/杉野 元子
実践につながるグループワーク
固定チームナーシング研究会・地方会
固定チームナーシング「関東地方会2014年」/竹内 由美

バックナンバー項目ページへ