mag-title
看護実践の科学
2015年6月増刊号 / Vol.40 No.7
B5判 140頁 定価2,160円(本体価格2,000円+8%税)

特集

ナースのための院内研修ガイドブック

 「看護職員研修」のキーポイントがわかる!

2015年6月増刊号

 看護を取り巻く環境が大きく変化していく中で,看護の専門職者が専門能力を発揮し,社会に期待される役割を果たすためには常に継続した教育の機会は欠かせません。そのために各施設において看護職員の院内研修には大きな力を注いでおられます。また、臨床看護現場では看護職員の定着も大きな課題です。そうした状況の中で取り組まれている院内研修には、新人・中堅・エキスパートなど多彩なプログラムを計画され、それぞれの理念・目的・実際・そして評価等、きめ細かな教育システムを構築されています。
 院内研修の要は学習者が主体的に学ぶことのできる教育実践ではないかと考えます。
 本臨時増刊号では、各施設で取り組まれている院内研修の概要と各教育プログラムの目的・理念・期待される評価などご紹介いただきます。

総論
院内研修の本質
院内研修の本質 ―主体的に学ぶ環境づくり/上野 栄一
PART:1
多様な院内研修
組織のスケール・メリットを生かした研修 ―その理念と実際/越後 和代
“経験知と科学的根拠”に価値を置いた「臨床看護検討会」/鈴見 由紀・他
PART:2
新人をどう育てるか
クリニカルラダー別研修における新人看護師教育の実際/高木 英子・他
プリセプター制と院内留学制度の実際 ―クリニカルラダーに基づいた研修の理論と評価/豊田 江美子・他
他部署の見学研修で職場適応を図る ―新人ローテーション研修の実際/後藤 明子
PART:3
中堅ナースの役割と育成
看護倫理研修・院内留学制度 ―中堅ナースの臨床実践能力向上を目指して/佐藤 悦子
クリニカルラダー導入期の看護教育委員会の活動 ―移行期にみえてきた課題/大島 千佳・他
大学と病院の共同で行う院内研修
―中堅看護師能力開発のための看護継続教育プログラムの活用/赤嶺 伊津子・他

バックナンバー項目ページへ