mag-title
看護実践の科学 2015年9月号 / Vol.40 No.10
B5判 96頁 定価1,296円(本体価格1,200円+8%税)

特集

現任教育の成果としての臨床看護研究
看護現任教育は医療・看護の質の維持・向上に不可欠であり,特に高齢化の進展や膨らむ医療費の削減などと相俟って,在院日数短縮の進む今日の臨床看護現場で働くナースにとって日々の学びに加え組織的な教育の機会が求められております。
計画される教育プログラムの,多領域にわたる教育・研修の成果は受講者の変化はもちろんですが,実践の場にどう活かされていくか等も重要です。
本特集では,現任教育の成果としての臨床看護研究の取り組みと成果をご紹介します。
2015年9月号

[特集]
現任教育の成果としての臨床看護研究
臨床における看護研究の意義と看護師として研究経験を積みあげることの意味 /粟生田 友子
看護部継続教育計画受講者レベルⅢ,15年目・16年目の看護研究研修の成果と課題 ─1人ひとりが実践する臨床の看護研究 /藤井 洋子・他
臨床看護研究を通して良質な看護を目指す /坂本 みよ子

[特別構成]
第2回 技術論検討会(前編) /川島 みどり・他

[好評連載]
編集委員の窓
真の平和への祈りと看護師の矜持 /川島 みどり
編集委員の窓
やるせない思い /市川 幾恵
第21回 在宅ノート
木曜日の往診 /徳永 進
第12回 看護教育を支えるもの
教育の方法についての考え方⑨ どう教えるコミュニケーション能力 ―その3 /神郡 博
第12回 欧米での精神看護研修
コロラド州での精神看護 ―Michael E. Galbraith 博士 /川野 雅資
研究
看護学生の主観的な職業威信と災害訓練満足との関連性 /井ノ上 ルミ子
調査研究
インドネシア人看護師の「看護の評価」の視点 /小笠原 広実
第92回 わが家(私)の日曜日
「スローライフ」に憧れて /西山 裕子
第8回 喪い・時刻む ─私の死生観
あの日以来の野蒜の空に祈る /川島 みどり
第9回 看護実践論 ─自分史からの出発
みんな同じ,でもみんな違う /小林 美和
第165回 杉野元子の研修会リサーチ
北陸の元気 /杉野 元子
固定チームナーシング研究会・地方会
固定チームナーシング第19回長野地方会の報告 /長岡 順子

バックナンバー項目ページへ