mag-title
看護実践の科学 2016年9月号 / Vol.41 No.10
B5判 96頁 定価1,404円(本体価格1,300円+8%税)

特集

メッセンジャーナースが伝える看護師の主体性
入院期間の短縮が進む一方で,自身の病気そのものと治療内容の理解,退院後の生活上の問題など,患者・家族が直面する不安は尽きず,その現状は厳しさを増しています。
そのようななか,入院から退院,在宅療養まで一貫して患者・家族の立場に立つ役割を果たす専門職が重要になります。
その根本に“看護の主体性”があることはいうまでもありません。
本特集ではこれらの時代の看護の新たな役割を果たすメッセンジャーナースの活動をさらに広く紹介します。
2016年9月号

[特集]
メッセンジャーナースが伝える看護師の主体性
[インタビュー]
メッセンジャーナースが伝える看護師の主体性 /村松 静子
[座談会]
在宅看護研究センター30周年記念交流会 第二部
「くらしに伴走するメッセンジャーナースとは?」より
これからもあなたの主体的医療を支え続けます! /甲州 優・他
[関連論稿]
村松静子とメッセンジャーナース /川島 みどり
『メッセンジャーナース ―看護の本質に迫る』を読んで /岡西 雅子
[好評連載]
編集委員の窓
仕事はよいことだ/市川 幾恵
感染医学講座⑥
溶連菌 ―検査を通して考える感染症対策 /石和田 稔彦
第9回 TE-ARTEで変わる看護・立ち返る看護
地方の病院から看護を変えましょう /重見 美代子
第24回 看護教育を支えるもの
実習における教育方法を考える⑩ こころの問題が理解できるために必要な学生支援の方法 ―その4 /神郡 博
第9回 看護教育の手帖
人生のギア・チェンジ/八木 美智子
第3回 病人からみた高齢社会 ―けがをしてからなおるまでの経験から考える
食事とからだのリハビリテーション /田沼 祥子
最終回 ケアと施設の融合 ―シンクロ調整法で1人ひとりの“普通”に迫る
これからの介護とシンクロ調整法 /川上 孝則・他
研究
介護老人保健施設の入所高齢者における唾液中分泌型免疫グロブリンA(SlgA)と日常生活行動(ADL)レベルとの関連 /馬場 才悟・他
第104回 わが家(私)の日曜日
愛犬の散歩と一杯のコーヒーに癒されて /御手洗 保子
第18回 喪い・時刻む ―私の死生観
スープ名毎日 ―在宅療養十か月 /川島 みどり
第3回 回想 ~歩き続けて
時代の変化に看護はどう向き合うか /高林 澄子
第177回 杉野元子の研修会リサーチ
ナース集団の底力はどこから? /杉野 元子
固定チームナーシング研究会・地方会
固定チームナーシング「島根地方会2016」 /矢野 糸枝・他

バックナンバー項目ページへ