mag-title
看護実践の科学 2017年1月号 / Vol.42 No.1
B5判 96頁 定価1,404円(本体価格1,300円+8%税)

連続特集

業務改善 ―人・物・しくみ①
業務改善その方法と進め方
業務改善は効率化やケアの質向上等いろいろな目的で実践されます。
その核になるのが「人・物・しくみ」ではないかと考えます。
連続特集第1回「業務改善その方法と進め方」はチーム編成・ケアを進める上でのルールや物品の管理等を取り上げます。
地域包括ケアの時代を迎え,施設内外を問わず多職種との協働を含めた看護活動の展開が求められている昨今,日々の看護実践活動が安全・安心のもと,充実したケアの提供のためにどのような視点で業務改善が試みられているかをご紹介します。
2017年1月号

[連続特集]
業務改善 ―人・物・しくみ①
業務改善その方法と進め方
中央滅菌材料室の業務改善への取り組み /遠藤 力
チームで取り組む外来受付対応の業務改善 ―受付での混乱緩和を目指して /沖佐々木 直恵・他
急性期病棟と地域包括ケア病棟の業務整理 ―業務改善に取り組んで /南 ひとみ
[特別構成]
第7回 技術論検討会 /川島 みどり・他

[新連載]
高齢者の訪問看護への認知度・役割の理解度
アンケートから見えてきた看護師への期待 /山田 富恵
雑感……日々思うこと
父を看取って(その1) /唐木 美喜子

[好評連載]
編集委員の窓
かがやき /東 めぐみ
第28回 看護教育を支えるもの
実習における教育方法を考える⑭
心の問題が理解できるために必要な学校支援の方法 ―その8 /神郡 博
研究
看護学生のとらえる看護師・看護のイメージ ―「基礎看護学実習Ⅰ」前後のイメージの変化 /押尾 知子・他
看護を描く
認知症ケア理想と現実 /武田 藍
研究
アメリカの助産教育におけるシミュレーションの教育 ―カリフォルニア大学サンフランシスコ校での事例から学ぶ /齋藤 真希
Essay
華麗なる老いへの哲学 ―毒を食らう生き方― /渡邊 久美
研究論稿
寄生虫の処理方法を学ぶ調理実習 ―モクズガニの炊き込みごはん― /野村 憲一・他
第108回 わが家(私)の日常
休みは休む日にあらず ―ドライビングでリフレッシュ /小池 ひづる
第181回 杉野元子の研修会リサーチ
持ち場で能力発揮 /杉野 元子
固定チームナーシング研究会・地方会
固定チームナーシング研究会・第18回近畿地方会 地域包括ケアシステムを支える固定チームナーシング /大下 ひろみ

バックナンバー項目ページへ