mag-title
看護実践の科学 2017年4月号 / Vol.42 No.4
B5判 96頁 定価1,404円(本体価格1,300円+8%税)

特集

退院指導と看護の専門性
昨今の患者の退院は大きく変化し,退院がすなわち治療のゴールではないということです。
退院後もさまざまな医療処置や日常生活の援助が必要な状況で次の療養の場,後方病院や在宅での支援が必要になります。
そこでのカギは病院で行なわれていた援助,なかでも日常の生活行動援助等看護の専門性を生かした援助がどのように引き継がれ,切れ目のない支援が行なわれているかその取り組みを紹介します。
2017年4月号

[特集]
退院指導と看護の専門性
肺がん術後患者の生活に関する不安や困難感の事態調査 ―効果的な退院指導に向けて /森下 暁
やりがいのあるチーム活動を支える看護師長の役割と取り組み ―教育的場面での退院支援事例の活用 /徳住 恵美
頭蓋咽頭腫術後の退院に向けた患者教育がもたらす効果 ―退院後1年経過した患者・家族からみえてきたこと /藤田 理絵・他

[好評連載]
編集委員の窓
続けることと変ること /陣田 泰子
第31回 看護教育を支えるもの
実習における教育方法を考える⑰ 実習における学生の主体的な学習を促す教員の役割 ―その2 /神郡 博
第3回 在宅ホスピス医が支えた生と死
スピリチュアルペインに寄り添って /玉地 任子
短期連載 後編 教育の場におけるリフレクション学習
継続教育の場でリフレクション学習 /池西 悦子
第2回 看護技術教育上の困りごと
総合大学と単科大学 /川島 みどり・他
感染医学講座⑦
アデノウイルス ―検査を通して考える感染症対策 /鈴木 俊輔・他
研究
サルペトリエール看護学校(フランス)における看護基礎教育の現状 ―放射線関連科目の設置状況を中心に― /藤井 宝恵・他
研究
透明文字盤の使用と慣れとコミュニケーション回数による意思伝達速度に違いがあるか /永吉 雅人・他
第111回 わが家(私)の日曜日
雪寄せと秘湯温泉でリフレッシュ /伊藤 真紀
最終回 雑感……日々思うこと
父を看取って(その4) /唐木 美喜子
第184回 杉野元子の研修リサーチ
期待に応えるために /杉野 元子
固定チームナーシング研究会・地方会
固定チームナーシング研究会 第11回関東地方会報告 /朝野 春美

バックナンバー項目ページへ