mag-title
看護実践の科学 2017年6月号 / Vol.42 No.6
B5判 96頁 定価1,404円(本体価格1,300円+8%税)

特集

これからのがん看護外来
入院期間のますますの短縮に伴い外来看護も地域との密な連携が求められます。
なかでも昨今のがん患者の増加,がん治療の進展に伴い入院治療のみならず外来でのがん看護の体制が求められており,一線の治療を終えた後も長いフォローアップが必要ながん患者の外来におけるケアがますます重要になってまいります。
そうした外来でのがん看護の現状とこれからについての取り組みの実際をお届けします。
2017年6月号

[特集]
これからのがん看護外来
[総論]
これからのがん看護外来 /渡邉 眞理
[各論]
がん看護外来におけるがん患者への支援内容と専門・認定看護師の活動 /坂本 節子・他
外来化学療法センターで看護師の点滴投与管理過程における抗がん薬曝露の実態 /西口 旬子
がん患者の仕事と治療の両立に向けた外来看護師の役割 /小原 みずき
診断時から婦人科がん患者に専門・認定看護師が介入する取り組みの実際とその成果 /山岡 美晴・他
[好評連載]
編集委員の窓
守ること,育むこと /本庄 恵子
第5回 在宅ホスピス医が支えた生と死
癌と表裏をなした幸せ /玉地 任子
最終回 看護教育を支えるもの
実習における教育方法を考える⑲
主体的学習を育む看護教育の視点と展開 /神郡 博
NO.3 ニューマン理論・研究・実践研究会の広場
何事も1人で頑張ってきた終末期がん患者A氏のケアとその意味づけ ―M.ニューマン理論の観点からケアの振り返りを通して /鈴木 貴美・他
短期連載 看護学実習現場における患者・学生・教員の関係性の構造とプロセス
ナラティヴアプローチによる記述 後編 /紙野 雪香
第113回 わが家(私)の日曜日
癒しとなる「孫」と「犬」との触れあい /平尾 隆枝・他
Report
日本学術会議「軍事的安全保障研究に関する声明」が意味すること ―看護学との関係を踏まえて /佐藤 紀子
第2回 看護実践論 ―自分史からの出発
看護学校入学 看護学生になりました /加藤 光寳
固定チームナーシング研究会・地方会
固定チームナーシング研究会 第16回中部地方会報告 /林 順子
第186回 杉野元子の研修会リサーチ
グループの力を使う研修 /杉野 元子

バックナンバー項目ページへ