mag-title
看護実践の科学 2018年9月号 / Vol.43 No.10
B5判 96頁 定価1,404円(本体価格1,300円+8%税)

特集

情報の共有と看護の継続性
疾病構造の変化,医療の高度化,高齢化の進展等さまざまな課題を抱えている医療現場において,業務を遂行するための情報の共有は重要な課題です。
特にチーム活動が基本の看護において,メンバー間の情報の共有は欠かせません。
本特集では円滑な情報の共有により,患者の個別性の問題解決や業務の効率化,リスクマネジメントなどにどのような効果がもたらされたかなど,日々の取り組みを紹介します。
2018年9月号

[特集]
情報の共有と看護の継続性
急性期病院外科病棟における看護師と介護士の情報共有策導入前後での意識変化 /辻谷 京・他
認知症看護に情報共有シートを導入して ―シートを活用した患者との関わりの有効性を調査 /早岐 龍太・他
患者・家族の思いに寄り添ったエンド・オブ・ライフケアへの関わり ―エンド・オブ・ライフにおけるカンファレンスの役割 /金田 智裕
透析室看護師と訪問看護師との連携が患者にもたらす効果 ―合同カンファレンスと連絡ノートの活用 /岡本 多栄子・他
外来における情報共有の一考察 ―記録表を作成し,活用した取り組みを振り返って /長岡 瑠美・他
再入院時における家族支援のあり方 ―他病棟看護師間の情報共有の重要性を感じた事例から /關川 千聡・他
退院支援に向けた看護師間の情報共有への取り組み ―退院支援シートおよびADLシートの活用 /飯沼 佐知
看護師との更なる協働を目指して ―情報共有のしくみづくり /岡本 恭子・他
外来化学療法患者に対する情報共有の効果について ―症状確認用紙を使用した情報共有の検証 /土本 麻里子・他

[好評連載]
編集委員の窓
レジリエンス /市川 幾恵
目で見る日本の看護アーカイブズ Art and Archives
その起源を遡る /川原 由佳里・川嶋 みどり
第9回 看護系学会見聞録
日本のプライマリ・ケアの再出発 /樋口 佳耶
物見遊山のフラヌール または聴かずに死ねるかクラシック その7
ハイデルベルク⑤ /中木 高夫
第8回 リレー連載 看護師・家族が病気になって
胃内視鏡検査における看護師のわざの紹介① /河合 桃代
エッセイ
限界集落で暮らす・2 いざ,救出へ /宮城 恵里子
第6回 医療英語は面白い 知っておきたいMedspeak
PCCとHUC ―医療スタッフの呼称 /田中 芳文
第201回 杉野元子の研修会リサーチ
プロセス介入のスキルを伝える その4 /杉野 元子
固定チームナーシング研究会・地方会
固定チームナーシング研究会 第22回長野地方会報告 /林 文子

バックナンバー項目ページへ