mag-title
看護実践の科学 2018年11月号 / Vol.43 No.12
B5判 96頁 定価1,404円(本体価格1,300円+8%税)

特集

今日の外来看護を考える
―その専門性と実際
地域包括ケア時代を迎え入院から在宅への流れの中で,在院日数の短縮化・医療の高度化も進み外来部門ではより専門性の高い患者の対応が求められています。
また人口の高齢化や多様化する疾病構造の変化に伴い,患者の抱え問題やニーズも複雑化している現場で,専門的な知識・技術を駆使し対応に当たらなければならないのが今日の外来看護。
本特集では外来部分における看護の広範な役割と専門性をお伝えします。
2018年11月号

[特集]
今日の外来看護を考える ―その専門性と実際
看護外来を活用した乳がん患者へのサポートシステム /梅本 郁奈子
外来看護における糖尿病合併症指導と多職種連携が奏効した1例 /小西 倫世・他
EGFRチロシンキナーゼ阻害薬による治療を受ける肺がん患者への外来看護の現状 /中村 梨沙・他
外来看護の充実に向けたシステムの検討と取り組み /山本 克英・他
前立腺癌で1年以上内分泌療法を受ける老年期患者のQOLの実際と外来看護への期待 /松本 治美・他
ベストサポーティブケア目的の通院患者への外来看護の検討 /日暮 園子
経口抗がん薬治療を受ける患者に対する外来看護の検討 /鈴木 裕香・他
当院における糖尿病看護外来の実践報告 /片山 将宏
大腸内視鏡検査における前処置薬の検討と外来看護の役割 ―患者の負担軽減を試みて一考察 /宇角 ルミ・他

[好評連載]
編集委員の窓
スポニケーションの力 /北神 洋子
目で見る日本の看護アーカイブズ Art and Archives File 003
近代看護の夜明け 2 /川原 由佳里・川嶋 みどり・他
物見遊山のフラヌール または聴かずに死ねるかクラシック その9
カールスルーエ① /中木 高夫
第11回 看護系学会見聞録
多様性をいか新時代をひらく /樋口 佳耶
エッセイ
限界集落で暮らす・4 富士子おばあちゃん風邪をひく /宮城 恵里子
研究
超高齢化社会に向けた異文化看護の必要性 ―近隣アジア諸国からの人材誘致に備えて― /勝間田 実三
第8回 医療英語は面白い 知っておきたいMedspeak
「急性プロザック欠乏症」とは何か? /田中 芳文
固定チームナーシング研究会・地方会
固定チームナーシング研究集会 第20回鳥取地方会報告 /薮内 きみの
第203回 杉野元子の研修会リサーチ
1グループから100グループまでのグループワーク /杉野 元子

バックナンバー項目ページへ