mag-title
看護実践の科学 2019年12月号 / Vol.44 No.12
B5判 104頁 定価1,650円(本体価格1,500円+10%税)

特集

多職種協働カンファレンスにおける看護の役割
在院日数が短縮し,初期治療のみで医療・看護が完結せず,継続提供が必要とされるなか、多様な専門職が参加して行なわれる多職種協働カンファレンスにおいて,患者・家族が抱える医療的問題や治療経過を共有し,解決・改善していくために必要な支援を計画することはとても重要になっています。またカンファレンスのなかで,多様なな職種と協働する看護師の専門的視点が問われる場面も増えています。

今回の特集では,事例をもとに,多職種協働カンファレンスの実際を紹介します。
2019年12月号

[特集]
多職種協働カンファレンスにおける看護の役割
「家に帰りたい」と望む患者と家族の在宅退院に対する支援─多職種とのケアカンファレンスでの一事例を通して/川村 展世・他
左大腿切断に至った透析患者の自宅退院を叶えた多職種 カンファレンス/田村 真純
カンファレンスにおける病棟看護師の役割を振り返る/新井 稚菜
チーム医療における看護師の役割の検討─地域緩和ケア多職種連携カンファレンスを通して/佐々木 香代・他
多職種協働カンファレンスにおいて看護師が担う役割/力石 泉
慢性心不全患者に対する退院支援への取り組み/三木 紗希恵
介護老人保健施設における糖尿病チーム医療・多職種カンファレンスの現状からみえる看護の役割/脇 幸子・他
多職種連携カンファレンスにおける看護師の役割─耳鼻咽喉科・頭頸部外科病棟勤務の認定看護師の活動から考 える/菊池 由起子
[好評連載]
編集委員の窓
南天/本庄 恵子
目で見る日本の看護アーカイブズ Art and Archives
看護技術のアーカイブズ⑦/平松則子・川嶋みどり
看護の証をつかむナース─看護実践論
看護の証をつかむナースたち─看護実践論生成へ─看護の知を紡ぎ,手ごたえを得る/陣田 泰子
基礎看護技術を再考する
看護技術の原理原則の考え方/野村 志保子
エッセイ
限界集落で暮らす・14 「行動変容」なんて…簡単には言えない/宮城 恵里子
精神科看護と私
まとめ─これからの私/齋藤 嘉宏
NURSES’ EYE
看護師として楽しくイキイキと/樋口 佳耶
物見遊山のフラヌール または聴かずに死ねるかクラシック その22
パリ以降③/中木 高夫
第216回 杉野元子の研修会リサーチ
他者との交流から学ぶ/杉野 元子
固定チームナーシング研究会・地方会
固定チームナーシング「島根地方会を2019」/元林 千代子
BOOKS・書評
『世界の医療の現場から─プライマリ・ヘルス・ケアとSDGsの社会を』/上林 茂暢
『「いのち」の現場でとまどう─臨床医学概論講義』/西村 ユミ

バックナンバー項目ページへ