mag-title
看護実践の科学 2019年4月号
B5判 104頁 定価1,620円(本体価格1,500円+8%税)

特集

看護現場の職場風土を変える
病棟や外来はじめ,さまざまなチームで取り組まれる業務改善は,メンバー相互のコミュニケーションを基盤にした手段であり,そこには組織の職場風土が反映されているとの指摘があります。個々の業務改善に取り組む前提となる「職場風土」こそが,チーム活動の大きなポイントではないでしょうか。本特集では「職場風土」をキーワードに,人材育成,チーム活動,看護の専門性などの課題改善に向けた取り組みをご紹介します。
2019年4月号

[特集]
看護現場の職場風土を変える
学びを共有し成長を喜び合える職場風土の構築/髙橋 知子
効果的なコミュニケーションを取るための職場風土の改革/横森いずみ・他
リスクに気づける職場風土づくり―リスク感性の向上を目指したKYTの取り組み/田村 幸子
関連論稿/職場環境の改善から人材育成・看護の質への取り組み―「看護を語る会」を開催して/川口 加代子
[好評連載]
編集委員の窓
終わりと始まりの季節に―昔とった杵柄/陣田 泰子
看護の証をつかむナース─看護実践論
看護の概念化・ナースとの対話―②時間経過の中で育まれる看護の知(前号続き)/陣田 泰子
精神科看護と私
精神科臨床看護師としての経験から②―開放病棟/齋藤 嘉宏
物見遊山のフラヌール または聴かずに死ねるかクラシック その14
パリ日記③/中木 高夫
NURSES’ EYE
あなたの力になりたい/樋口 佳耶
エッセイ
限界集落で暮らす・7 コンサートに行く/宮城 恵里子
看護を描く
異文化の中で感じたケアリング/竹内 久美子
研究
外国人労働者受け入れについて―日本とカナダの比較/山下 美根子
研究
口腔医療の現状と安全管理/松崎 礼子
研究
ケアリング行動41の重要性に対するがんサバイバーと看護師の認識/重久 加代子
第208回 杉野元子の研修会リサーチ
計画と違う展開/杉野 元子
固定チームナーシング研究会・地方会
固定チームナーシング 第13回関東地方会―多職種協働ができるリーダーシップ/高橋 佐代子

バックナンバー項目ページへ