mag-title
看護実践の科学 2019年6月号
B5判 104頁 定価1,620円(本体価格1,500円+8%税)

特集

事例を通して考える地域医療連携
慢性疾患の増加や患者の高齢化,医療機能分化の推進などさまざまな要因のなかで,医療提供方式は「施設から地域連携へ」と大きな変化が余儀なくされています。

医療連携システムの導入により,患者・家族,そして医療職者から「治療上の不安が軽減される」「継続した医療を提供しやすくなった」「エビデンスに基づく処方につながる」などの評価を得ているとの報告もあります。

本特集は,患者・家族の変化など,事例を通して,今日の地域医療連携の取り組みの実際を紹介します。
2019年6月号

[特集]
事例を通して考える地域医療連携
高齢者糖尿病患者の管理能力評価について─訪問看護連携による自己注射習得までを振り返る/神之園 初代・他
神経難病と地域医療連携─神経難病に特化した訪問看護ステーションの現状/矢吹 智美
高齢の夫婦を支える訪問看護師と外来看護師との連携からみえたもの/安藤 知佳・他
どうしているの? 診療所看護師との連携/板東 由美・他
子どもの看取りに必要な地域医療連携─中間的施設の役割/上土居 由佳
[好評連載]
編集委員の窓
ねぎらいやお礼の意味を含んだ挨拶/東 めぐみ
目で見る日本の看護アーカイブズ Art and Archives
看護技術のアーカイブズ③/川嶋みどり
看護の証をつかむナース─看護実践論
看護の概念化・ナースとの対話─④エキスパートナースの苦悩とキャリア開発/陣田 泰子
精神科看護と私
大学教員としての経験から①─認知行動療法/齋藤 嘉宏
物見遊山のフラヌール または聴かずに死ねるかクラシック その16
パリ日記⑤/中木 高夫
NURSES’ EYE
よいケアをするためには/樋口 佳耶
エッセイ
限界集落で暮らす・9 「看護師さんがいると安心」―サロンの小旅行に同行する/宮城 恵里子
ニューマン理論・研究・実践研究会の広場 No.7
がんの積極的治療を終結する時期にある患者と看護師の相互作用に現れた看護師のケアパターンの変化の探求─ニューマン理論に導かれた仲間との対話をもとに私自身のケアパターンを認識し看護実践を進化・発展させていったプロセス/池田 牧・他
研究
看護系大学の増設に伴う教育現場の課題/山下 美根子・他
研究
超高齢化社会での看護師・介護士の在り方─ストレス解消法および福祉思想の必要性/勝間田 実三
第210回 杉野元子の研修会リサーチ
学生から職業人へ/杉野 元子
固定チームナーシング研究会・地方会
第14回奈良セミナーレポート─奈良セミナーを振り返って/大久保 理惠

バックナンバー項目ページへ