mag-title
看護実践の科学 2019年8月号 / Vol.44 No.8
B5判 104頁 定価1,620円(本体価格1,500円+8%税)

特集

コミュニケーションと看護チームの成長
チーム活動が中心である看護職において,スタッフ相互のコミュニケーションは欠かせないものです。患者の状態の変化などあらゆる状況の変化に対応するためにも,コミュニケーションを基にした情報の共有は必要です。またチームメンバーの成長にも大きく関わって参ります。

一方,さまざまな要因でコミュニケーション困難な患者への支援は看護の大きな役割です。そうした支援を通して看護チームが成長することは少なくないと思います。

本特集ではそうしたコミュニケーションを通して,看護チームの変化や取り組みの実際を紹介します。
2019年8月号

[特集]
コミュニケーションと看護チームの成長
言語的コミュニケーションの取れない患者への関わり─思いを汲み取ることから学んだこと/池本 恵美・他
アサーティブ・トレーニングによる効果─ナースのコミュニケーション技術の向上を目指して/西村 綾子・他
看護師のコミュニケーション改善の取り組み/小田桐 綾子
周術期管理チームにおける連携を強化するために 必要な多職種間コミュニケーションについて/三淵 未央・他
重症心身障害児・者とのコミュニケーションプロセス─終末期における看取りの事例を通して/坂本 幸繁
[好評連載]
編集委員の窓
看護の諸政策への関心をもっていますか/川嶋 みどり
目で見る日本の看護アーカイブズ Art and Archives
看護技術のアーカイブズ⑤/平松則子・川嶋みどり
看護の証をつかむナース─看護実践論
看護の証を自己の実践論として生成し,看護を続けていくナースたち/陣田 泰子
精神科看護と私
地域支援者としての経験から─元気回復行動プラン(WRAP)/齋藤 嘉宏
NURSES’ EYE
それぞれの思い/樋口 佳耶
エッセイ
限界集落で暮らす・11 母の運転免許返納─初めてタクシーに乗る/宮城 恵里子
物見遊山のフラヌール または聴かずに死ねるかクラシック その18
パリ日記⑦/中木 高夫
インタビュー
特定行為研修制度 組織のビジョンと私のポリシー(後編)/吉田 和寛
研究
受診行動における心不全患者の行動意図形成のプロセス/角野 雅春・他
研究
脳神経疾患により意識障害を呈した患者に対する発熱時背部クーリングの意義/髙橋 彩香・他
第212回 杉野元子の研修会リサーチ
急なプログラム変更/杉野 元子
固定チームナーシング研究会・地方会
固定チームナーシング第18回中部地方会/井上 真理子
BOOKS・書評
『 現場から伝える私の災害看護論─暮らしに伴走する試み』/評・酒井 郁子

バックナンバー項目ページへ