mag-title
看護実践の科学 2020年8月号 / Vol.45 No.8
B5判 104頁 定価1,650円(本体価格1,500円+10%税)

特集

患者のセルフケアと退院支援
病いの体験は,人のその後の生活にさまざまな影響を与えます。治癒に至った人は言うまでもなく,病いを抱えながらあらたな生活に向き合う人,また,エンド・オブ・ライフケアのなかにあっても,人の病いの体験とセルフケアは大きな意味をもつことでしょう。また,新型コロナウイルス感染症蔓延防止に向けた行動変容が訴求されるなかで,セルフケアはひろく一般にとっても重要な視点となっています。臨床では在院日数短縮のなかで,退院支援としてセルフケアに向けた働きかけの重要性があらためて脚光をあびています。
そこで本特集は,セルフケアと退院支援をキーワードに,セルフケアに関する具体的な考えかたから臨床における取り組みまでご紹介いたします。
2020年8月号

[特集]
患者のセルフケアと退院支援
セルフケアの視点からみる退院支援/本庄 恵子
入退院を繰り返し,がん薬物療法を継続するStageⅣがん患者へのSCAQを活用したセルフケア支援/武田 美和
入退院を繰り返す高齢心不全患者のセルフケア行動の現状─心不全患者のセルフモニタリング評価尺度を活用して/鈴木(梅田)裕絵・他
ストーマセルフケアの再獲得が困難な脊髄性進行性筋萎縮症患者への退院支援の一例/狩俣 早紀・他

[特別構成 新型コロナウイルス感染症と看護]
看護現場の苦悩と差別/森田 しのぶ
わが国看護界における新型コロナウイルス感染症対策に関するおもな要望・声明 /日本看護協会・他

[好評連載]
編集委員の窓
機会をいかす/城所 扶美子
看護実践論…自分史からの出発
咀嚼嚥下食の誕生!/田中 靖代
エッセイ
限界集落で暮らす・23 コロナ下で暮らす/宮城 恵里子
研究
精神科訪問看護スタッフに対する医療コミュニケーション教育としての動機づけ面接─2日間ワークショップとフォローアップ演習の実践による効果/和田 剛宗
研究
入院における認知症高齢者の主観的QOLと認知症状の変化を知る/佐藤 公紀・他
研究
看護専門学校教員のストレス要因,並びに離職に影響を与える学校組織と主観的な職業威信に関する研究/井ノ上 ルミ子
固定チームナーシング研究会・地方会
第8回固定チームナーシング長崎地方会―固定チームナーシングで患者家族の意思決定を支援する/堀江 令子
第224回 杉野元子の研修会リサーチ
面会禁止に代えて/杉野 元子

バックナンバー項目ページへ