mag-title
看護実践の科学 2020年4月号 / Vol.45 No.4
B5判 104頁 定価1,650円(本体価格1,500円+10%税)

特集

後輩の成長をチームで支える臨地実習
看護学生にとって臨地実習は,初めて患者と接する大切な機会であり,看護師としての成長の如何は臨地実習にあるともいわれます。看護界にとっては,将来の後輩を育てる大切な場であるとともに,看護の魅力が実感でき,ロールモデルとなる先輩看護師の役割を果たす場と位置づけられるのではないでしょうか。そこでは看護師1人ひとりの役割はもとより,チーム全体で看護学生の支援に取り組む体制が欠かせません。本特集では,臨地実習を支える臨床に視点を置き,効果をあげた取り組みを紹介します。
2020年4月号

[特集]
後輩の成長をチームで支える臨地実習
経験を促す臨地実習指導の取り組み/橋本 妙子・他
認定看護師教育課程の臨地実習指導と病棟内教育の相互性について/知念 正佳
多職種のチームで支える臨地実習/金箱 枝利香・他
准看護学生の臨地実習での「学び」に影響する実習指導者の関わり/安永 千秋
受け持ち療養者の看護過程を展開する2週間の訪問看護実習─心に残る看護を経験してもらうために共に考え共に学ぶ/尾﨑 美智
新人指導者として学生と共に成長する臨地実習/馬渡 岳
[関連論稿]4年次の統合実習の事例をケーススタディした卒業研究/重久 加代子

[新連載]
三方よしのバトンパス
腹臥位療法用マットレス開発の物語(前編)/大宮 裕子

[好評連載]
編集委員の窓
残された課題/陣田 泰子
看護実践論…自分史からの出発
ストレングスの宿るところ/田中 靖代
看護を大事にする組織風土―医療法人協和会看護部の取り組みと「看護の概念化」
急性期病院からつなげる看護/神田 由紀子
実践研究第2回
主体的に思考し続ける看護師の育成を目指す新人看護師研修プログラムの開発-指導者からみた教育成果/勝山 愛・他
看護歴史研究への誘い
研究史を整理する/鈴木 紀子
エッセイ
限界集落で暮らす・19 私が斉斉哈爾の地に行く理由②/宮城 恵里子
投稿
児童虐待は看護師中心の医療チームを結成して防止・介入を/山下 美根子
研究
医療現場への今後のICT 導入の方向性─寄り添う看護の実現に向けて/勝間田 実三
第220回 杉野元子の研修会リサーチ
発想を変えて/杉野 元子

バックナンバー項目ページへ