mag-title
看護実践の科学 2020年11月号 / Vol.45 No.11
B5判 104頁 定価1,650円(本体価格1,500円+10%税)

特集

感染予防・対策は看護から
COVID-19の世界的流行にともない,臨床はもとより日常においても感染予防・対策の重要性があらためて考えられています。

「うつらない・うつさない」ための看護技術を用いて,これまで看護師は感染症の流行現場で,安全で安楽な看護を提供してきました。今回のCOVID-19によるさまざまな生活様式の変更が余儀なくされているなかにおいても,そうした看護技術を変わらず基本に据えて対応するものでしょう。

そこで,今回の特集では,COVID-19に限定せず,ひろく感染予防から対策まで,看護師がかかわる場で行なわれている教育,実践,評価などについてご執筆いただくことを通して,感染予防・対策における看護の重要性について共有したいと考えます。
2020年11月号

[特集]
感染予防・対策は看護から
手洗い回数向上にむけて取り組んだICTと看護部感染管理チーム会の活動森 英恵
中間医療施設における感染管理看護師の活動報告─感染管理看護師の活動内容の整備と可視化/栗田 真理子・他
看護師対象の針刺し切創事故の過少報告の実態/井上 麻衣・他
ファシリテーター型・リーダーシップを用いた手指衛生状況の改善に向けた取り組み/馬籠 恵子
地域分析に基づく地域の課題と市民病院看護師の挑戦/住田 千鶴子・他
チームバリケードで取り組む医療関連感染予防策/松本 亜紀・他
精神科病院の感染予防対策の課題と取り組み─精神科看護職員の標準予防策の知識と保護室における感染予防の実践との関連/藤井 雄太
特別養護老人ホームの看護師を対象とした感染管理教育プログラムの検討/松田 千登勢

[好評連載]
編集委員の窓
セカンドキャリア/北神 洋子
看護実践論…自分史からの出発
無限に広がる看護の形/田中 靖代
高度実践看護─フランスと日本
ニースにはじまる「さらなるケア」─2007 年からの「研究介入」/コリーヌ・グルニエ,訳 原山 哲
オン・ナーシング
第3回/中木 高夫
エッセイ
限界集落で暮らす・26 変わるお見送り/宮城 恵里子
暮らしから,街から
京都によせる思い/伊達 哲也
寄稿
米国メイヨークリニック(Mayo Clinic)を再び訪れて(後編)/松崎 礼子
実践研究
根拠に基づく実践を根付かせるためのナレッジブローカリングの活用(1)/赤崎 芙美・他
第227回 杉野元子の研修会リサーチ
コロナウイルスを恐れつつも負けていません/杉野 元子

バックナンバー項目ページへ