医療・看護・介護関連情報 2018年11月13日
『在宅医療 診療報酬点数算定ガイドブック』の著者・栗林令子さんからの情報です。
ご諒解のうえ,随時更新します。ご参考ください。

■第164回社会保障審議会介護給付費分科会 11月12日

https://www.mhlw.go.jp/haishin/u/l?p=J9pevq8nQ34jqC61Y
議題
1.介護保険サービスに関する消費税の取扱い等について
2.その他

■医師・歯科医師・薬剤師の皆さまに届出のお願い
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryou/tp181016.html

日本国内に居住する医師・歯科医師・薬剤師の方は、2年に1度12月31日現在における住所地、従業地、従事している業務の種別等、医師法、歯科医師法、薬剤師法で規定されている事項について、当該年の翌年1月15日までに厚生労働大臣に届け出ることが義務づけられています。
本年はその届出年に当たりますので、所定の届出票に記入の上、原則として住所地の保健所へ提出をお願いします。複数の従事先がある場合は、1枚の届出票に主たる従事先及び従たる従事先の記載をお願いします。また、12月31日現在就労していない場合であっても、届出票の提出漏れのないようにお願いいたします。

※ご存知の方も多いと思いますが念のためお知らせします。届出用紙は上記のURLを開いていただくと、その中にあります。

■第11回医師の働き方改革に関する検討会 資料 11月9日

https://www.mhlw.go.jp/haishin/u/l?p=p1rePi-nw_6jKKw1Y
議題
1.第9・10回の議論のまとめ(宿日直、自己研鑽等について)
2.勤務環境改善策について
(1)医師の業務量・労働時間数をどのように削減していくか
(2)医師の健康確保をどのように図っていくか
(3)女性医師が働きやすい勤務環境整備をどのように推進するか
(4)ヒアリング
3.その他

配布資料
資料1 第9・10回の議論のまとめ(宿日直、自己研鑽等について)
資料2 「今後の検討の進め方(案)」にお示ししたテーマ
資料3 勤務環境改善策について
資料4 ヒアリング資料・谷川武教授(順天堂大学医学部公衆衛生学講座)
参考資料1
平成29年度労災疾病臨床研究事業費補助金「過労死等の実態解明と防止対策に関する総合的な労働安全衛生研究」 分担研究報告書(事案解析)
「医療・福祉における労災認定事案の特徴に関する研究」(研究分担者吉川徹独立行政法人労働者健康安全機構労働安全衛生総合研究所過労死等調査研究センター・センター長代理)
参考資料2リーフレット「医療機関の管理者の皆様へ「働き方」が変わります!!」

■第3回上手な医療のかかり方を広めるための懇談会 資料 2018年11月12日

https://www.mhlw.go.jp/haishin/u/l?p=-QSCJUxJJdjSQ_FrY
(1)前回の議論の整理
(2)ヒアリング
(3)自由討議

(福祉医療機構より資料)

■平成30年度診療報酬改定等の影響に関するアンケート調査の結果について

http://www.wam.go.jp/content/files/pcpub/top/scr/181105_No006.pdf

■平成30年度介護報酬改定の影響に関するアンケート調査の結果について

http://www.wam.go.jp/hp/wp-content/uploads/181105_No005.pdf

■未来投資会議(第21回) 配布資料 平成30年11月6日

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/miraitoshikaigi/dai21/index.html
(配布資料)
資料1:論点メモ
資料2:地方施策に関する参考資料集
資料3:就職・採用活動日程に関する関係省庁連絡会議とりまとめポイント
資料4:公正取引委員会委員長提出資料
資料5:まち・ひと・しごと創生担当大臣提出資料
資料6:文部科学大臣提出資料

■厚生科学審議会 平成30年度第8回医薬品医療機器制度部会 平成30年11月8日

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_02158.html
資料1.迅速なアクセス・安全対策の充実等、適切な製造・流通・販売の確保の仕組み
資料2.薬局・薬剤師のあり方、医薬分業のあり方
資料3.医薬品等行政を監視・評価する第三者組織
参考資料1.厚生科学審議会医薬品医療機器制度部会委員名簿
参考資料2.これまでの議論で出された主な意見

■第2回 革新的医薬品創出のための官民対話資料 平成30年11月12日

https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000179536_00001.html

※医療担当者(アカデミア)の参加は少なめですが、ゾロ新の薬剤が減る方向で話が進めばよいと思います。


医療介護関連情報一覧項目へ