医療・看護・介護関連情報 2019年7月8日
『在宅医療 診療報酬点数算定ガイドブック』の著者・栗林令子さんからの情報です。
ご諒解のうえ,随時更新します。ご参考ください。

【再送】基監発0701第1号令和元年7月1日

医師等の宿日直許可基準及び医師の研鑽に係る労働時間に関する考え方についての運用に当たっての留意事項について

https://www.ajha.or.jp/topics/admininfo/pdf/2019/190702_3.pdf

※宿日直について、留意事項通知も出ています。

【再送】基発0701第9号令和元年7月1日

医師の研鑽に係る労働時間に関する考え方について

https://www.ajha.or.jp/topics/admininfo/pdf/2019/190702_2.pdf

※2つの再送の通知は、宿日直の通知のあとに載っていたのですがわかりにくかったかもしれません。再送します。

■事務連絡令和元年7月2日

使用薬剤の薬価(薬価基準)の一部改正等について

https://www.ajha.or.jp/topics/admininfo/pdf/2019/190703_3.pdf

薬剤の追加収載ですが、以下のようなものも掲載されています。

新医薬品(医薬品医療機器等法第14条の4第1項第1号に規定する新医薬品をいう。)については、掲示事項等告示第10第2号(1)に規定する新医薬品に係る投薬期間制限(14日分を限度とする。)が適用されるが、掲示事項等告示の改正によって、新たにシムツーザ配合錠(抗HIV薬)が当該制限の例外とされた。本製剤の特殊性に鑑み、本製剤を使用した患者に係る診療報酬明細書等の取扱いにおいては、当該患者の秘密の保護に十分配慮すること。

■事務連絡令和元年6月28日

検査料の点数の取扱いについて

https://www.ajha.or.jp/topics/admininfo/pdf/2019/190702_5.pdf

※「25-ヒドロキシビタミンD」について、以下のように変更されています。

(通知抜粋)

原発性骨粗鬆症の患者に対して、ECLIA法、CLIA法又はCLEIA法により25-ヒドロキシビタミンDを測定した場合は、骨粗鬆症の薬剤治療方針の選択時に1回に限り、区分番号「D007」血液化学検査の「30」心筋トロポニンI、KL-6の所定点数を準用して算定する。なお、本検査を実施する場合は関連学会が定める実施方針を遵守すること。

■事務連絡令和元年6月28日

「特定保険医療材料の材料価格算定に関する留意事項について」等の一部改正について

https://www.ajha.or.jp/topics/admininfo/pdf/2019/190702_6.pdf

※自家培養表皮が追加されています。

■事務連絡令和元年6月28日

肝がん・重度肝硬変治療研究促進事業の利用の促進にかかるご協力について

https://www.ajha.or.jp/topics/admininfo/pdf/2019/190702_9.pdf

※「平成30年12月から開始した「肝がん・重度肝硬変治療研究促進事業」の入院料に対する公費負担医療が行われていますが、利用者は見込みより少数となっています。この点について、周知不足、本事業による支援を行う医療機関である指定医療機関の十分な指定が課題となっていると考えています。」とのことです。宣伝用のポスター等が掲載されています。

■2019年度第4回入院医療等の調査・評価分科会議事次第

令和元年7月3日

https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000183658_00011.html

1.療養病棟入院基本料

2.障害者施設等入院基本料等

3.医療資源の少ない地域

4.入退院支援(その2)

■第1回医師の働き方改革の推進に関する検討会 資料

令和元年7月5日

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_05505.html

・検討を要する論点(案)について

・医師の勤務実態の把握について

■第1回一般介護予防事業等の推進方策に関する検討会

令和元年5月27日

https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000202420_00019.html

■第2回一般介護予防事業等の推進方策に関する検討会

令和元年7月3日

https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000202420_00020.html

1.自治体による地域特性に応じた取組について(事例発表)

・愛知県豊明市・東京都世田谷区・新潟県新潟市・宮城県大河原町

2.その他

■第9回科学的裏付けに基づく介護に係る検討会資料

令和元年7月4日

https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000198133_00006.html

1.科学的裏付けに基づく介護に係る検討会 取りまとめ(案)について

2.その他

■薬生監麻発0628第2号令和元年6月初日

覚せい剤原料を指定する政令の一部を改正する政令の公布について(通知)

https://www.ajha.or.jp/topics/admininfo/pdf/2019/190703_5.pdf

次の物質を新たに覚せい剤原料に指定した。

3-オキソ-2-ブェニルブタンアミド、その塩類及びこれらのいずれかを含有する物

■薬生監麻発0628第1号令和元年6月28日

麻薬、麻薬原料植物、向精神薬及び麻薬向精神薬原料を指定する政令及び麻薬及び向精神薬

取締法施行令の一部を改正する政令等の公布について(通知)

https://www.ajha.or.jp/topics/admininfo/pdf/2019/190703_4.pdf

※麻薬等の追加等が掲載されています

■医政支発0701第1号、医政医発0701第1号、医政看発0701第1号

令和元年7月1日

院内保育等の推進について

https://www.ajha.or.jp/topics/admininfo/pdf/2019/190703_2.pdf

「医師の働き方改革に関する検討会」を設置し、医師に対する時間外労働規制の具体的な在り方、労働時間短縮策等について議論を重ね、本年3月に報告書をとりまとめました。

この報告書では、「女性医師等が働きやすい環境の整備の推進」の重要性についても記載されており、その具体策の一つとして院内保育所の設置を通じた院内保育や院内病児保育等(以下「院内保育等」という。)が挙げられます。


医療介護関連情報一覧項目へ