医療・看護・介護関連情報 2019年7月24日
『在宅医療 診療報酬点数算定ガイドブック』の著者・栗林令子さんからの情報です。
ご諒解のうえ,随時更新します。ご参考ください。

■中央社会保険医療協議会 総会(第419回)

令和元年7月17日

https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000212500_00033.html?fbclid=IwAR21vdrSwNX11YrJ1ArYDrSjAAbepkMS3LgUKbGPuxPwwMk7d-B9FBJxJys

1 介護・障害者福祉サービス等と医療の連携の在り方について

2 診療報酬に係る事務の効率化・合理化及び診療報酬の情報の利活用等を見据えた対応について

3 医療保険制度の適正かつ効率的な運営を図るための健康保険法等の一部を改正する法律の施行に向けた対応について

4 選定療養に導入すべき事例等に関する提案・意見募集の結果(速報)について

■第67回 社会保障審議会(医療部会)

令和元年7月18日

https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000210433_00005.html

○医師養成過程を通じた偏在対策について

○医師の働き方改革の推進について

 ・医師の働き方改革の推進に関する検討会

 ・タスク・シフティングに関するヒアリングの開催について

 ・医療を取り巻く状況の変化等を踏まえた医師法の応召義務の解釈に関する研究について

○『経済財政運営と改革の基本方針2019』、『成長戦略(2019年)』及び『規制改革実施計画』について

※働き方改革が進められる中、応召義務をどう考えるかも研究されています。

■「外国人患者を受け入れる医療機関の情報を取りまとめたリスト」について

令和元年7月17日

厚生労働省医政局総務課医療国際展開推進室

観光庁 参事官(外客受入担当)付 外客安全対策室

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_05774.html

 我が国全体で観光立国が推進される中、各都道府県においても訪日外国人旅行者の増加を捉えた地域の活性化に向けてそれぞれ取組が進められています。

 そのような中、政府においては、「訪日外国人に対する適切な医療等の確保に向けた総合対策」を取りまとめ、日本を訪れる旅行者に医療が必要となる場合に備え、安心・安全に医療を受けられる環境の整備に取り組んでいます。

 また、同時に、増加する在留外国人についても、「外国人材の受入れ・共生のための総合的対応策」が取りまとめられ、全ての居住圏において外国人患者が安心して受診できる体制の整備を進めているところです。

 こうした状況を背景に、患者の利便性を高め、医療機関等及び行政のサービス向上を図ることを目的として、厚生労働省と観光庁が連携して一元化した「外国人患者を受け入れる医療機関の情報を取りまとめたリスト(以下、医療機関リスト)」を作成したため、公表いたします。なお、訪日外国人向けには医療機関リストを元に多言語化(英・繁・簡・韓)を行い、日本政府観光局(JNTO)ホームページにて公開予定となっております。

医療機関リストの解説

医療機関リストの概略図

医療機関リストの一覧表

■第33回厚生科学審議会感染症部会 資料

令和元年7月17日

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_05704.html

(1)抗インフルエンザウイルス薬の今後の備蓄について

(2)セファゾリンの供給低下について

(3)医師の届出に係る様式の改正について

(4)報告事項

   1.風しんの追加的対策について

   2.新型インフルエンザワクチン開発・生産体制整備臨時特例交付金事業について

   3.今冬のインフルエンザについて

   4.疑似症定点について

   5.コンゴ民主共和国及びウガンダ共和国におけるエボラ出血熱の発生状況について

   6.一種病原体等の輸入に関する指定について

   7.手足口病の発生について

(5)その他

■第3回一般介護予防事業等の推進方策に関する検討会資料

令和元年7月19日

https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000202420_00022.html

1.介護予防(主に通いの場)に関するエビデンスの現状について

2.一般介護予防事業等の推進方策について

3.中間取りまとめ骨子案について

■第2回 医師の働き方改革を進めるためのタスク・シフティングに関するヒアリング

日時:令和元年7月17日

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_05753.html

ヒアリング団体資料

1.一般社団法人 日本外科学会

2.公益社団法人 日本麻酔科学会

3.公益社団法人 日本理学療法士協会

4.公益社団法人 日本皮膚科学会

5.公益社団法人 日本診療放射線技師会

6.一般社団法人 日本救急救命士協会

7.公益社団法人 日本精神神経学会

8.一般社団法人 日本作業療法士協会

9.一般社団法人 日本臨床衛生検査技師会

10.公益社団法人 日本整形外科学会

11.一般社団法人 日本専門医機構

12.公益社団法人 日本医学放射線学会

13.公益社団法人 日本薬剤師会

14.公益社団法人 日本リハビリテーション医学会

15.一般社団法人 日本救急医学会


医療介護関連情報一覧項目へ