医療・看護・介護関連情報 2019年9月1日
『在宅医療 診療報酬点数算定ガイドブック』の著者・栗林令子さんからの情報です。
ご諒解のうえ,随時更新します。ご参考ください。

■令和2年度厚生労働省所管予算概算要求関係

https://www.mhlw.go.jp/haishin/u/l?p=8wyK-KykwPC_ul5hY

団塊ジュニア世代が高齢者となり現役世代の減少が進む2040年頃を見据え、誰もがより長く元気に活躍でき安心して暮らすことができるよう、人生100年時代に対応した全世代型社会保障の構築に取り組むとともに、成長と分配の好循環の拡大を図るため、以下を柱として重点的な要求を行う。

○保険局の概算要求

https://www.mhlw.go.jp/wp/yosan/yosan/20syokan/dl/gaiyo-15.pdf

■事務連絡令和元年8月28日

令和元年8月の前線に伴う大雨による災害の被災者に係る被保険者証等の提示等について

https://www.ajha.or.jp/topics/admininfo/pdf/2019/190829_1.pdf

※ほかの災害時と同様に保険証が提示できなくても住所等がわかれば保険診療が受けられます

■事務連絡令和元年8月29日

令和元年8月の前線に伴う大雨による被災者の「公害健康被害の補償等に関する法律」、「水俣病被害者の救済及び水俣病問題の解決に関する特別措置法」、「石綿による健康被害の救済に関する法律」等に係る公費負担医療等の取扱いについて

https://www.ajha.or.jp/topics/admininfo/pdf/2019/190830_1.pdf

※ほかの災害時と同様に厚肥料の資格証が提示できなくても住所等がわかれば、公害の公費医療が受けられます

■中央社会保険医療協議会 総会(第421回)8月28日

https://www.mhlw.go.jp/haishin/u/l?p=k2yQ6pOOkSyOcwYBY

議題

○医薬品の薬価収載等について

○再生医療等製品の保険適用について

○DPCにおける高額な新規の医薬品等への対応について

○在宅自己注射について

○最適使用推進ガイドラインについて

○公知申請とされた適応外薬の保険適用について

○先進医療会議からの報告について

○診療報酬基本問題小委員会からの報告について

○被災地における特例措置について

(議題抜粋)

※在宅自己注射の対象薬剤にインスリン・グルカゴン様ペプチド-1受容体アゴニスト配合剤(販売名・ゾルトファイ配合注フレックスタッチ)の追加を予定

※「適応外薬の公知申請」については、令和元年8月1日開催の薬食審医薬品第一部会における事前評価が終了し、公知申請して差し支えないとされ、リツキシマブの適応の追加として後天性血栓性血小板減少性紫斑病同日付で保険適用された。

※被災地の特例措置について

①東日本大震災の被災者の医療については、ふっ強雨の状況等に余地特例措置の延長の希望が複数出されている。

②平成30年7月豪雨による被災に伴う被災地特例措置は、令和元年9月30日までとなっているが、令和元年10月1日以降継続希望がないことから延長しないとしてはどうか

■単回使用医療機器の「再製造」に関する制度の対象品目を初めて承認しました

https://www.mhlw.go.jp/haishin/u/l?p=k2zpZLfvJNg5vC4BY

厚生労働省では、使用済みの単回使用医療機器(一回限り使用できることとされている医療機器。SUD)を医療機器製造販売業者がその責任のもとで適切に収集し、分解、洗浄、部品交換、再組立て、滅菌等の処理を行い、再び使用できるようにすること(「再製造」)に関する制度を創設するための法令整備を平成29年に行いました。(別紙1参照)
 令和元年8月30日付けで、この制度の対象品目として初めて、下記の医療機器を承認しましたのでお知らせします。
 本品について、十分な清浄性が確保されていること、品質、有効性及び安全性が担保されていることを独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)が審査で確認の上、承認しています。

[販売名]   再製造ラッソー2515(日本ストライカー)
[申請者]   日本ストライカー株式会社
[品目概要] 本品は、心臓電気生理学的検査及び一時的ペーシングを行うために、経皮経管的に心臓内に留置して使用する。米国では平成20 年9月から、欧州では平成28 年8月から、「再製造」単回使用医療機器として使用されている。

■東北厚生局2018個別指導適時調査指摘事項

2019年8月29日

東北厚生局

個別指導及び適時調査において保険医療機関等に改善を求めた主な指摘事項について

https://kouseikyoku.mhlw.go.jp/tohoku/shido_kansa/shidoubumonn/omonashitekijikou.html

■四国厚生支局2018個別指導適時調査指摘事項

2019年8月29日

四国厚生支局

個別指導及び適時調査において保険医療機関等に改善を求めた主な指摘事項について

https://kouseikyoku.mhlw.go.jp/shikoku/chosa/shitekijiko.html

■第19回特定機能病院及び地域医療支援病院のあり方に関する検討会

令和元年8月23日

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_06300.html

1.特定機能病院及び地域医療支援病院の見直しについて

■一般介護予防事業等の推進方策に関する検討会(令和元年8月23日)

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_06335.html

・一般介護予防事業等の推進方策に関する検討会中間取りまとめ

・一般介護予防事業等の推進方策に関する検討会中間取りまとめ(参考資料)

■第80回社会保障審議会介護保険部会 2019年8月29日

https://www.mhlw.go.jp/haishin/u/l?p=h3iBWDiPNyXIeDAVY

(1)今後の検討事項

(2)介護予防の推進

(3)「地域共生社会に向けた包括的支援と多様な参加・協働の推進に関する検討会」中間とりまとめ

(4)その他

■第18回社会保障審議会介護給付費分科会 介護報酬改定検証・研究委員会

令和元年8月29日

https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000202420_00027.html

1.平成30年度介護報酬改定の効果検証及び調査研究に係る調査(令和元年度調査)の調査票等について

2.その他

■第41回厚生科学審議会 再生医療等評価部会 令和元年8月29日

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_06428.html

1)関係団体からのヒアリングについて(公開)

2)遺伝子治療等臨床研究に関する実施施設からの報告等について(公開)

3)ヒトES細胞樹立計画(変更)の指針への適合性確認(公開)

4)その他(公開)

5)第一種再生医療等提供計画の再生医療等提供基準への適合性確認(非公開)

■難病・小児慢性特定疾病研究・医療ワーキンググループ(第1回)令和元年8月29日

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_06410.html

(1)本ワーキンググループについて

(2)関係者からのヒアリング

(3)具体的な論点の検討について

(4)その他

(1)本ワーキンググループについて

(2)関係者からのヒアリング

(3)具体的な論点の検討について

(4)その他

※難病患者及び小児慢性疾病について同じワーキンググループで、児童等に対する医療費助成の在り方療養生活の環境整備、就労支援、福祉支援、小児慢性特定疾病児童等自立支援事業の在り方等で検討が進められるようです。

■厚生労働省改革若手チーム

https://www.mhlw.go.jp/haishin/u/l?p=E-wQahMOEawO84WBY

※厚労省職員の労働環境も劣悪で改革が必要で、若手チームによって改革の方向性が模索されています。


医療介護関連情報一覧項目へ